「ためしてガッテン」、腰痛の劇的回復法(日記&ウォーキング)

ここでは、「「ためしてガッテン」、腰痛の劇的回復法(日記&ウォーキング)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
2月15日のNHK「ためしてガッテン」は、”腰痛&手の痛みに新技”という特集でした。

腰痛については、昨年の特集で、ストレスが腰痛の原因となっている可能性が高いことを
証明しましたが、今回はその解消法の特集です。

1日15分の劇的回復法』というサブタイトルでした。

まず最初に76歳の女性のケースが紹介されました。
3年前までひどい腰痛に悩み、寝込むことが多くて歩くこともままならず、座るときは常に
クッションにもたれかかっている状態でした。

ところが、番組で紹介する方法を実行したところ、「8」の強さだった腰痛が、なんと「0,1」
くらいまでに減ってしまいました。ほとんど治ったといっていいほどで、外での散歩もスタスタ
歩けてますし、体を大きくひねる体操も楽々できるほどになりました。

そもそも腰痛が悪化するのは、
「治らないのではという不安」→「安静」→「筋力低下や血行不良」→「痛みの繰り返し」
→「脳の鎮痛作用(オピオイド)が消失」→「わずかな刺激にも痛みが出てくる」
という悪循環が形成されるからです。

この慢性腰痛の悪循環を断ち切らないと、なかなか治らないわけです。

そこで、「ためしてガッテン」の腰痛回復法として、
腰痛の痛みを記録する(日記を書く)
1日15分の腰痛解消ウォーキング
の2つが提案されました。上の76歳の女性もこのウォーキングで腰痛が解消されたのでした。

まず日記については、腰痛を客観視することができるメリットがあり、痛みが少ない日には
楽しいことがあったり(旅行など)と、その原因を考えることができるようになります。
痛みを10点満点で点数化して把握しやすくします。

すると、だいたい楽しい事に集中すると痛くないことが多いとわかるようです。要するに気の
持ち方で腰痛は随分違うということがわかるのです。

腰痛解消ウォーキング」の歩き方は、

・まず肘を張るようにして体に沿って両腕を肩まで上げていきます。
・その際に、おなかと背筋が延びていることを確認します。
・そのまま腕を下ろして、姿勢を保ったまま両手を振って歩きます。

これだけです。ポイントは、背筋を伸ばして姿勢を正しながら歩くことを体と脳で確認する
こと。脳に運動をするんだというスイッチを入れることだそうです。

腰痛の人は、普段無意識のうちに腰を使わずに歩こうとしているそうで、それだと腰に力が入らない
ので意識して歩くようにするわけです。

このウォーキングをすることで、まず「安静にしがち」という悪循環の初めを断ち切ること
ができますし、散歩によるストレス解消の効果もあるようです。

背筋を伸ばしながら歩くのは、はじめは中々大変なので5分から始めてもよいし、背筋を伸ばす
体操でもいいということです。

注意点としては、こうしたことをしても腰痛が続いたり、だんだん悪化している場合には
病院などを受診すること。危険な腰痛の場合があるからです。

番組内でこの2つの方法を実験した腰痛の人4人は、全員が痛みが大幅に減少し、1割以下に
減った人もいました。

やや素っ気無い腰痛の解消法ですが、お困りの人は試してみてはどうでしょうか。


◆参考記事(昨年末の放送)
「ためしてガッテン」、腰痛(椎間板ヘルニア)がウソのように消える

TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。