体を温める食材ショウガの飲みもの

ここでは、「体を温める食材ショウガの飲みもの」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
以前このブログで、”体を温める飲み物”としてショウガ(生姜)以外の素材を使ったものを
紹介しましたが、体を温める食材と言えばはやりショウガなので、ショウガを使った体が温まる
飲み物を紹介します。

今度も読売新聞にあったレシピで、2月12日のくらし欄に載っていました。

[ショウガミルク紅茶]
材料は2人前で、水200cc、紅茶のティーバッグ2個、牛乳200cc、粉黒糖(ハチミツなど
でも可)大さじ1~1半、おろしショウガ1かけ(おろした状態で15グラム)、シナモンパウダー
少々。

・鍋に水を沸騰させて火を止めて紅茶ティーバッグを入れて3分蒸らす。
・次に牛乳、粉黒糖を入れて温め、カップに注いでおろしショウガを入れて、シナモンパウダー
をふる。

生姜は皮に有効成分が多いので、おろす際は皮はむかないこと。

紅茶、黒糖も体を温める食材なので、相乗効果が期待できるとのこと。特に朝飲むと温かく1日
をスタートできるのでお勧めだそうです。

私は紅茶にスライスした生のショウガを入れて飲む「しょうが紅茶」が冷え性によいと言われて
何度か試しましたが、あれだとショウガ独特の臭いがキツくて好きになれませんでした。

でもこのミルク紅茶なら、しょうがの臭みが隠れてイケルでしょう。

ただ、朝から体温を上げるなら、朝食も食べないと効果は薄いかもしれません。
特にタンパク質をある程度摂る必要があるそうで、タンパク質が体に入ることで、胃の蠕動運動
や肝臓の働きで熱が生まれ、体温も上昇するのだそうです。

だから、卵や肉類、豆類などを使った朝食も同時に食べるのをお勧めします。

最低でも、「きな粉入り豆乳」などでタンパク質を摂るべきで、上の「ショウガミルク紅茶」の
牛乳を豆乳に、シナモンをきな粉に代えてみるのも、いいかもしれませんね。


さらに体を温める食材としては「ニンニク」もいいそうで、ショウガとニンニクを同時に使う
と温め効果がアップするそうです。

夕食のカレーや炒め物などにニンニクとショウガを使うと、翌朝まで体の温かさが持続する
という声もありました。野菜炒めなどはよくこの2つを使いますから、体が温まる料理だった
ということですね。

尚、1日に食べる適量としては、ショウガは1かけ(おろした場合は大さじ1=15g)、
ニンニクは生は1/2かけ、加熱する場合は1かけ程度だそうです。


関連記事
生姜以外の材料の体を温める飲み物
健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。