住宅は買うか借りるか、買うリスクの大きさに注意

ここでは、「住宅は買うか借りるか、買うリスクの大きさに注意」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<家は買うべきか否か論争 「完済に辿りつけるか難しい時代」>
2012年2月18日 07時00分  
住む家は買うか賃貸か――これは永遠の議論だが、住宅問題に詳しい神戸大学大学院教授の平山
洋介氏は、そもそもマイホーム購入の合理性が減ったと指摘する。
「戦後、政府は住宅建設で経済成長を推進し、住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が供給
した住宅ローンが誘い水となって中間層の持ち家取得が増えました。住宅・土地価格の上昇率は
賃金・物価のそれを上回り、住宅所有は資産形成の有効な手段でした。供給サイドにとっても、
賃貸は資本回収に時間がかかるのに対し、売り家の場合はすぐに回収可能で合理的だったのです」
 しかし、バブル崩壊でデフレ経済に突入した。
デフレのもとで住宅ローンを背負うと、実質的な債務負担が重くなっていきます。給料は上が
らず、雇用は不安定で、持ち家の資産価値は下がる。政府は適切な賃貸住宅を増やし、無理をし
て家を買う人を減らすようにする必要があるでしょう」
 消費者ローンに詳しい弁護士の瀧康暢氏も持ち家信仰に注意を促す。
「『家賃もローンも毎月の支払額は同じ』『賃貸はいつまでたっても持ち家にならない』という
セールストークをよく聞きますが、完済までたどりつけるかどうかが難しい時代です。住宅ロー
ンは向こう数十年間の家賃を前借りしていることになるので、そうしたリスクを覚悟のうえで家
は買わなければなりません」
 変動か、固定か、はたまた賃貸か――選ぶのはあなた自身だ。
※週刊ポスト2012年2月24日号

http://www.excite.co.jp/News/economy_g/20120218/Postseven_88144.html
(エキサイトニュースより引用)

住宅は買うか借りるか

この記事を見て、親類の事が思い浮かんだ。

私の一人暮らしの叔母(80歳)は、年金(国民年金)暮らし。持ち家の他にある程度の資金は
あるようだが、予定より長生きし、今後の生活資金が不安になって、銀行に自宅を担保にした
信託(生活資金の融資)の相談に行ったところ、借りられる資金が想像以上に少なくてガッカリ
したと言っていた。

群馬の某市街地の静かな住宅街の中の200坪弱の土地・住宅だが、評価額は低くなっている
ようだった。

上の記事にあるように、地方ではまさに持ち家の資産価値は下がる一方のようだ。

叔母はバブル経済の時の高金利で、老後は利息収入でかなり楽ができると思っていたが、バブル
が弾けてその目算が狂い、今度はデフレで持ち家の価値も目減りし、どんどん先細りの老後に
なってしまっている。

この先、苦労して住宅ローンを払い続けたが、完済する頃には家の資産価値が減っていて、万一の
際の代替資産にならないという事態は増えると思われる。

持ち家の場合、固定資産税もあるし、途中で修繕なども必要になるし。

まして大きな地震がいつ、どこで起こるかわからない昨今の状況だから、地震保険などの経費も
かかり、持ち家にした場合の経済的負担は増えていくだろう。

今後の経済、自然環境の不安定な時代に、一気に巨額の借金(住宅ローン)を背負う持ち家は
確かにリスクが高い
と言うべきかもしれない。

私は住宅は買うより借りるべきだと思いますね。

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。