震度7の地震が東京を襲う可能性(東京湾北部地震)

ここでは、「震度7の地震が東京を襲う可能性(東京湾北部地震)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
都心部、想定外の震度7も…東京湾北部地震で>
読売新聞 2月21日(火)3時14分配信
 首都直下で起こる東京湾北部地震で、これまで想定していなかった震度7の揺れが都心部を襲う可能性があることが分かった。
 文部科学省が進めてきた地下構造調査で、地震を起こすプレート(地球を覆う岩板)の境界が
約10キロ浅くなる部分があると判明したため。国は新年度、被害想定と対策の見直しを始める。
 東京湾北部地震は、国の中央防災会議が18通りの発生領域を想定している首都直下地震の一
つ。震源は陸のプレートと、その下に沈み込むフィリピン海プレートの境界で、規模はマグニチ
ュード(M)7・3。同会議が2004年に公表した震度分布の最大震度は6強だった。
 しかし、大学や研究機関などが参加する文科省の研究チームが07~11年度、首都圏約30
0地点に地震計を設置し、地震波を解析した結果、東京湾北部のプレート境界の深さが、同会議
の想定(30~40キロ)より約10キロ浅くなる部分があることが確認された。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120220-00001259-yom-sci
(ヤフーニュースより引用)


この首都直下型地震の一つとして起こることが想定されている「東京湾北部地震」が、最大で
震度7になる可能性がある
というニュース、今朝の読売新聞の1面にも出ていて、思わず目が
釘付けになった。

「震度7」とはどんな強い揺れなのか?

気象庁の『震度階級関連解説表』によると、

・人の体感・行動 ------ 立っていることができず、はわないと動くことができない。揺れに
 ほんろうされ、動くこともできず、飛ばされることもある(震度6強も同じ)。

・屋内の状況 -------- 固定していない家具のほとんどが移動したり倒れたりし、飛ぶこともある。

・屋外の状況 -------- 壁のタイルや窓ガラスが破損、落下する建物がさらに多くなる。補強され
 ているブロック塀も破損するものがある。

以上のようになっている。

建造物についても、耐震性の弱い木造建築物は倒れるものが多く、鉄筋コンクリート造りでも
耐震性の弱い建築物は、1階あるいは中間階の柱が崩れ、倒れるものが多くなる。

つまり古い建物は、かなりのものが倒壊する可能性が高い。

これまで、日本国内で震度7を記録した地震は最近のものでは、阪神大震災、新潟中越地震、
東北大震災の3つだったようだ。

新潟中越地震の時は、群馬県の我が家でも1メートル20センチくらいの箪笥の上に置いてあった
小ぶりの仏壇が吹っ飛んだ経験がある。

それよりも何割り増しかの強い揺れが襲うかと思うと、本当に恐ろしい。

この恐ろしい現実は、果たしていつやってくるのか?

明日かもしれないし、数年後かもしれない。しかし、ほぼ確実にやってくる。

とにかく最低限の防災用品準備と避難場所の確認は、絶対に早急にしておく必要がある。


科学 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。