木嶋佳苗事件のドラマ化、主演は島崎和歌子なんてどう?

ここでは、「木嶋佳苗事件のドラマ化、主演は島崎和歌子なんてどう?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<死刑求刑 木嶋佳苗のドラマ企画が進行中>
2012年03月20日17時00分
提供:ゲンダイネット
 テレビ屋が考えることはみな同じ。交際男性3人の殺人罪に問われ、死刑を求刑された木嶋佳
苗被告のドラマ企画
がテレビ各局に持ち込まれている。驚くのは別々の制作会社にもかかわらず、
書かれている内容はほぼ同じなのだ。
「いずれも佳苗の生きざまをドキュメンタリータッチで追いかけ、事件を検証するという演出手
法で、中身を再現ドラマなどで構成するものです。裁判が進行中ですが、このやり方なら批判を
かわすことができるというのがTVマンの考えです」(キー局編成マン)
 編成担当やプロデューサーは木嶋を“ブラックなカリスマ”と呼んで、裁判の行方を興味津々
で見守っている。佳苗の「100日裁判」で出てきた「女性として本来持っている機能が普通の
女性よりも高い」「道具を使うセックスは邪道」といったトンデモ発言、毎回替えてくる衣装な
どテレビ的に注目で、佳苗を取り上げるワイドショーや報道番組はいずれも高視聴率を記録。
“ブラカリ”佳苗は真っ先に取り上げるべき存在なのだという。
 では、放送の時期はいつか。1審の判決は4月13日で、それから半年以内が勝負だという。

~以下省略~

http://news.livedoor.com/article/detail/6385894/
(ライブドアニュースより引用)


木嶋佳苗の複数男性殺人事件のドラマ化。やっぱり出てきましたね。

事件をドラマ化、映画化するうえで必要な、主人公の特殊な生き様とある種のカリスマ性、セックス、
殺人(犯罪)、法廷闘争、などほぼすべての要素を持っているだけに、作らない方がおかしい
くらい。

注目すべきは、やはり木嶋被告役の主演女優は誰が適役かという点。

一昔前なら断然、高瀬春奈がドンピシャだと思うが、今は誰がいいだろうか?

上の記事後半では、森三中の黒沢という声も上がっているが、年齢的にちょっと若すぎる。

豊満な容姿という点は欠かせないので、島崎和歌子を少し太らせてみたらいいんじゃない
だろか?

ちょっと美人過ぎるが、そこそこ毒もあって、結構適役だと個人的には思います。


芸能・スポーツ | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。