東京スカイツリー、展望台の個人入場券予約開始

ここでは、「東京スカイツリー、展望台の個人入場券予約開始」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
スカイツリー上りたい!個人向け入場券求め列>
読売新聞 3月22日(木)11時23分配信
 開業を2か月後に控えた東京スカイツリー(東京都墨田区)の個人向け入場券の予約受け付けが22日、始まった。
 定員は1日あたり約8000人。予約が定員を上回り、抽選になる可能性が高いとみられる。
 今回の予約は開業日の5月22日~31日の入場分で、事業主体の東武タワースカイツリー社
の専用ウェブサイトか東武トラベルの全国44支店で、28日まで受け付ける。料金は18歳以
上が2500円、中高生が2000円など。ネット予約は開始から1時間で1521件に上り、
一時、つながりにくい状態になったという。
 足立区の東武トラベル北千住駅支店では、開店30分前の午前9時半頃から、予約待ちの約
30人が列をつくった。5月26日の入場券を予約した江東区の会社員(60)は、「ツリーに
上ったら、まずは自分の家を探したい」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120322-00000436-yom-soci
(ヤフーニュースより引用)

5月22日のグランドオープンに向け、東京スカイツリーの展望台入場の個人客向けの予約
今日から開始となった。

日テレ朝の情報番組「スッキリ」でも、その特集をしていた。

それによると、5月22日から7月10日までは、展望台への入場は全て完全予約制となる。

展望台は2段階となっていて、予約で入場するのは、下の展望台(メインの展望台)の
『天望デッキ』の方。

予約方法は、インターネットからと、東武トラベルの支店での店頭と2種類ある。

先ずネット予約は、「東京スカイツリーWebチケット」というサイトで行う。1日に6,000枚まで予約のキャパがある。希望の日にちと、朝8時~夜8時半までの時間帯の中で30分刻みで
希望時間を登録する。第8希望まで日時が指定でき、人数は8人まで可。抽選で入場が決定され、
抽選結果は、メールで通知されることになっている。支払いはクレジットカード。

店頭予約は、1日に2,000枚のキャパで、日時指定は同様の方法で第4希望まで、人数は8人まで登録可。抽選結果は電話で連絡され、支払いは店頭で行う。

7月11日以降は当日券も発売されるようになる予定。

入場券の価格は、18歳以上2,500円、幼児1,100円などとなっている。尚、この価格
は予約料500円が含まれているらしく、7月11日以降の当日券だと500円下がるらしい。

上の方の展望台の『天望回廊』の入場券は、『天望デッキ』に入場した人のみが購入でき、
当日販売のみ。『天望デッキ』の入場料に、18歳以上の場合は1,000円上乗せされる。


上の記事では、今回の予約は5月分だけのようだが、6月以降の予約日については不明です。

尚、東京スカイツリー周辺のホテルや東武トラベルのツアーなどには、展望台の入場券の
ついた宿泊プランがあるようなので、そういったものを使う手もあるでしょう。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。