米で薄毛・脱毛の特効薬開発の期待

ここでは、「米で薄毛・脱毛の特効薬開発の期待」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
ハゲに終止符! 原因のタンパク質特定で特効薬に光明(動画)>
3月27日12時00分
提供:GIZMODO JAPAN
ハゲでお悩みのみなさま、ついにハゲる原因がわかりました! 特効薬まであと1歩でっせ!
米ペンシルバニア大研究班が脱毛症の男性17人の頭皮の毛根を調べてみたところ、なんとハゲて
るところはフサフサ部より「プロスタグランジン(Prostaglandin:PGD2)」と呼ばれるタンパク
質が3倍集中していることがわかったのです。
以下動画の8秒目に出てくるのが、それ。
これが溜まると毛が縮んで皮膚から出れないぐらい短くなって、「しまいには顕微鏡で見ないと
わからなくなるんですよ」と、調査したジョージ・コサレリ(George Cotsarelis)教授は話し
ています。 
つまりこのアルジャジーラのツルツルの記者さんが力説しているように、ハゲと言っても毛が完
全に消えたわけではなく、実はあるんですね、見えないだけで。従来の研究でも毛を育てる幹細
胞は無傷で残ってることがわかっています、毛包も。だったらこの毛を縮ませる憎たらしいタン
パク質を除けば毛が元に戻るんじゃ...というわけでございますよ。

~以下省略~

http://news.ameba.jp/20120327-558/
(アメーバニュースより引用)

薄毛・脱毛の原因が遂にアメリカの研究で解明されたのではないか、というニュース。

薄毛の私としては、とても気になるニュースです。

「プロスタグランジン」という、どこかで聞いた事のあるような物質が毛根部に多すぎることが
原因らしいということです。

上の記事の続きでは、米の製薬会社がプロスタグランジンを受容するのを抑える作用のある薬
をすでに開発しつつあるようですから、やがてこの薄毛・脱毛の薬が販売されれば、日本にも入ってくるかもしれません。

タンパク質を頭皮の一部でブロックするぐらいの作用では、重大な副作用もないでしょうから、
案外早く認可され、市販化されるのではないですか?

日本で一番効果が高いとされる薄毛の市販薬は『リアップ』ですが、やがてはその強力な
ライバルの薬となるかもしれません。

リアップは価格が高いので、この新薬がもう少し安いといいんですがね。


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。