地震発生時に取るべき本当の正しい行動とは?

ここでは、「地震発生時に取るべき本当の正しい行動とは?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<「揺れたら机の下」「ガスの元栓」ほかわかってきた初期行動の「これは間違い、これが正解」>
(SAPIO 2012年3月14日号掲載)
2012年3月29日(木)配信
「揺れを感じたら、まず丈夫な机やテーブルなどの下に身を隠す」(福岡県)、「すばやく火の
始末をする」(北海道)、「ガスの元栓を締める」(東京都)。行政のホームページには地震発
生時
の心得が、こう書かれている。これらを初期行動の“常識”と捉えている読者も多いだろう。
しかし、「このマニュアルを鵜呑みにすると危険だ」と警告するのは、防災アドバイザーの山村
武彦氏である。
 地震発生時はとっさの初期行動が生死を分ける。私は新潟地震(1964年)以来、数々の被
災地現場を調査してきた経験から、「机やテーブルの下に潜れ」という行動は間違いであると言
い続けてきた。建物や施設が安全で絶対に倒れない保証があるとか、それしか他に方法がないの
なら、それもいいだろう。しかし阪神・淡路大震災(マグニチュード=M7・3)では、亡くな
った人の87・8%が家屋倒壊による圧死だった。机もろとも家の下敷きになってしまったのであ
る。
 さらに東日本大震災では、耐震性があったとされる学校のうち1600校で、校舎の天井や照
明器具が落下している。建物本体に耐震性があったとしても、設備に耐震性が保証されていると
は限らない。ドアは震度6強で約30%が何らかの損傷を受ける。建物がゆがんでドアや窓が開か
なくなったり、倒壊落下物に阻まれて室内に閉じ込められる危険が大きいのだ。そこに火災やガ
ス漏れが発生すれば、どうなるかは自明だろう。
 私は地震の災害現場を40年以上回ってきたが、津波を除くほとんどの人は室内で死傷している。
こうした事実を踏まえると「揺れを感じたら机の下に潜り込む」のではなく、「ドアを開けるな
どして避難口を確保し、直ちに安全ゾーンに移動する」というのが正解だ。ここで言う安全ゾー
ンとは、建物の損傷が少ない場所で、ガラスなどが飛散せず、転倒落下物の少ない、何かあれば
すぐ脱出が可能なスペースのことである。

~以下省略~

http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/sapio-20120329-01/1.htm
(ニフティニュースより引用)


地震発生時に取るべき正しい行動についてのレポートです。

誰でも真っ先に思いつくのが、「机などの頑丈なものの下に入って身を守る」です。

現に学校や職場などの防災訓練では、このようなことをやっています。

しかし、このレポートでは、それは間違いだと指摘しています。

地震発生時、直ちに取るべき正しい行動とは、「ドアを開けるなどして避難口を確保し、
直ちに安全ゾーンに移動する」です。

その安全ゾーンとは何かについては、上に書かれていますが、あくまで屋内の安全なスペース
のことのようです。

一般にトイレは柱と柱の間隔が狭く、強度が大きな空間だと言われていますが、私の家では
玄関の直ぐ脇がトイレなので、玄関とトイレの戸を開け放ち、トイレの中に逃げ込むという
ことでしょうか?

むやみに外に出るということではないでしょうが、我が家の場合広い駐車場に隣接していて、
そこは周囲の建物も少なく、落下物の危険もないので、「安全ゾーン」というならば、
その駐車場ということになりそうです。

確かに机の下にもぐっても、天井全体が落ちてきて、家具も倒れ、脱出できなくなったら、
安全とはいえないし、その状況で火が出たらアウトです。

今一度自分の家をよく見回し、常識にとらわれずに、地震発生時に取るべき一番安全な、正しい
行動
は何かを考えておいた方がいいでしょう。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。