最新型の扇風機は3Dで風を送る!

ここでは、「最新型の扇風機は3Dで風を送る!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<多機能な高級扇風機
 シャープは、節電意識の高まりからエアコンとの併用が定着しつつある扇風機の新商品を5月
15日から順次、発売する。上下左右の「首ふり」の動きをランダムにし、エアコンの冷気の偏
りを低減する機能を高めた「3Dファン」など3機種。脱臭や除菌効果をうたうプラズマクラス
ターイオンの発生機能つきで、店頭での想定価格は2万数千円~4万円。

http://www.asahi.com/shopping/news/OSK201204130027.html
(朝日新聞デジタルサイトより引用)

昨年の夏は、省エネでエアコンの使用を控え目にする必要から、再認識された扇風機

注目が集まると、単に風を送るだけのものから、より高機能の最新の扇風機が多くのメーカーから発売され話題を集めたりしました。

今年の夏も、原発の再稼動問題絡みで電力不足が予想され、再び扇風機が注目されると予想され
ます。

そんな中、今年はシャープから早々と最新型の多機能扇風機が発売されることになりました。

それは『3Dファン』と『スリムイオンファン』の2機種。

『3Dファン』は、空気抵抗の小さい羽により10メートル先まで送風でき、上下左右に
自動で首振りして空気をより効果的に室内に攪拌したり、省エネ性や静音性も向上させている
らしいです。価格は2万円代と高級な機種です。

『スリムイオンファン』は、タワー型の送風機ですが、”高濃度プラズマクラスターイオン25000”
というものが部屋の隅々まで行き渡り、空気をキレイにしてくれるとか。様々な高機能も備えて、
4万円というさらに高級機種です。

すでに楽天市場などでは予約を受け付けています。

昨年の夏は我が家では、緑のカーテンと併用で、エアコンの設定温度は27度に固定して通し
ましたが、それにこんな高機能の最新の扇風機があれば、今年の夏は昨年ほどの猛暑ではない
ということなので、より快適に夏を過ごすことができるでしょう。


買い物 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。