フジTV「アンビリバボー」、首都直下地震のシュミレーション

ここでは、「フジTV「アンビリバボー」、首都直下地震のシュミレーション」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
4月19日のフジTV「アンビリバボー」は、”緊急SP!首都直下地震のシュミレーション”という特集でした。

国や東京都の防災計画の見直しで、東京を中心とする首都直下型地震で地震規模がM7,3
の巨大地震の場合の最悪のシュミレーションが発表されましたが、今回の「アンビリバボー」
も独自に首都直下地震のシュミレーション
を行いました。

地震発生から時間を追って、どのような事態が発生するかを予測するものです。

想定したのは、震源域が東京湾地下の[東京湾北部地震]。

地震規模はM7,3、冬の午後6時、風速15メートルの風の強い夕方の地震発生です。

①フェイズ1:発生直後

首都直下型地震の場合、テレビ・携帯メールなどの緊急地震速報は間に合わず、何の前触れ
もなしに突然に起こります


高速道路、橋など古い建造物の多くが崩壊の可能性があります。山の手線をはじめとする
電車も脱線の可能性があり、震度7の場合は9割の電車が脱線すると予測しました。


②フェイズ2:拡大

道路の渋滞が起こり、路上には外に飛び出した人があふれます。
一方、住宅火災が発生し、道路上の車の事故が多発、タンクローリーなどからは火災も発生
します。震度7の場合は、住宅火災は東京だけで85万棟に登ります。

火災の多発で火災の拡大を防ぐのは困難となり、火災旋風の危険も出てきます。

地下鉄では停電が起こり、地下鉄構内に残った人々は、空調の停止で二酸化炭素濃度が上昇
するため、「高炭酸ガス血症」で意識障害の危険があります。

③フェイズ3:孤立

東京湾周辺の石油コンビナートの爆発・火災の危険があります(孤立とは何かは不明)。

石油コンビナートの一帯では、地震による地盤の液状化の他に「側方流動」という現象が起こり
ます。これは堤防が壊れたため流動化した土砂が海に流れ出る現象で、石油タンクなども
一緒に動き、倒壊します。その結果石油が流出し、爆発・火災の危険があります。

爆発の際は、破片が数キロ先まで飛ばされることもあります。

川崎市では、側方流動は7メートルの規模で起こると予測されていますが、東京湾の石油コンビ
ナートで耐震補強されているタンクは僅かです。

東京湾に流出した重油に引火すれば、火の海となり、周囲にある多くの火力発電所も停止する
かもしれません。そうなると、電力の供給にも支障がでます。

④フェイズ4:襲来

首都直下型地震は震源が浅いので津波が発生する危険がありますが、東京湾という閉鎖的な
地形のため、津波は高くなる可能性も指摘されています。

東京湾の津波は川をさかのぼり、市街地にも侵入する可能性があります。川の水門を閉じるには
10~15分かかるらしいですが、津波が水門に到達するのは僅か5分です。

津波の被害で一番危惧されるのは、「江東デルタ地帯」(荒川と隅田川に挟まれた0メートル
地帯)だということです。

もし、側方流動と津波が同時に起こったら、火災による炎の津波が街の中へ押し寄せる可能性
もあります。


⑤フェイズ5:悲嘆

地震後の混乱に乗じた犯罪とデマが発生するかもしれません。

デマは、「有毒ガスの雨が降る」とか「今度は○日に~が起こる」など、様々な内容のもの
があります。メールの情報源には、公的な機関のアカウントなど信用度の高い情報源をあらかじめ
確保しておくようにするといいそうです。


最後に危機管理アドバイザーの助言として、
・防災、備蓄用品は玄関の近くに置く(玄関は地震でも壊れにくい場所)
・高層マンションの高層階の人は、備蓄は多目に確保しておく
・子供用のヘルメットやマスクも防災用品に必要
・普段から自分の生活空間の最大リスクを確認しておくこと
などがありました。


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。