テレビ東京「Mプラス」、勝ち組個人投資家、意外な法則

ここでは、「テレビ東京「Mプラス」、勝ち組個人投資家、意外な法則」 に関する記事を紹介しています。

4月20日のテレビ東京の夕方の経済ニュース番組「Mプラス」で、”勝ち組の個人投資家、意外な法則”という特集コーナーがありました。

これは、『日経マネー6月号』の「運用リッチ父さんvs運用貧乏父さん」特集に絡めた企画
のようで、”調べてわかった 個人投資家 運用リッチと運用貧乏”という番組サブタイトル
となっていました。

番組には同誌の編集長がコメンテイターとして出演していました。

この「日経マネー」の特集では、個人投資家6,500人にアンケートし、運用で資産を増やした
人と減らした人の傾向を分析したそうです。

運用で資産を増やした「運用リッチ父さん」とは、2009年~2012年で毎年5%以上、
勝ち続けた人のことで、「運用貧乏父さん」は、毎年負け続けた人を指します。

さて、まず「運用リッチ」さんの投資スタイルの特徴が取り上げられ、それは”アクティブに短期投資する”という積極的なスタイルでした。

どういうことかというと、例えば買った株を持ちっぱなしではなく、機動的な売買をした人が
強かったということです。短期的によい銘柄を見つけると、そういうチャンスのあるものは
機動的に投資するスタイルです。今年3月末頃、世界的株高、円高の傾向が変わると見ると、
盛っている金融資産の7割くらいを全く別のものに変えるくらいのアクティブな個人投資家も
いるほどです。

それに対し、「運用貧乏」さんの投資スタイルは、”パッシブに長期投資”という特徴が
ありました。市場全体と同じような動きをする株の銘柄を持ちっぱなしにしているという
具合です。


次に番組タイトルにもある、「運用リッチ(勝ち組個人投資家)の意外な法則」として、
勉強と健康に留意している”という法則(共通点)が紹介されました。

デイトレーダーMさんは、過去3年毎年15%の収益を上げていますが、勉強はしっかりと
やっていました。
米国ダウ、欧州FTSE、DAX、商品先物、日経225先物、ドル円、ユーロ円、ユーロドル、
などをしっかり追い、それらから影響のある銘柄に投資するそうです。

リッチ(勝ち組)と貧乏(負け組)を比べると、1日に1時間以上勉強する人は、リッチでは
貧乏の3倍もいました。

勝ち組の勉強の傾向としては、海外のマクロの経済指標をよく見ているという事です。
さらに情報源として、他の個人投資家のブログやHPも参考にする人が多かったですね。これは
銘柄を参考にするというより、考え方や相場への悲観・楽観などの傾向を見ているようです。

健康面として、デイトレーダーMさんは、毎日午後の一定時間はランニングと筋トレに当てて
いますし、起床・就寝の時間といった基本的な生活習慣はしっかり守っていました。

睡眠を十分に摂らないと目覚めが悪く、頭も働かないので、必ず就寝と起床時間は守るように
しているようです。

リッチと貧乏全体で比較しても、リッチ組の方がランニング頻度が高いという傾向があるそう
です。

最後に、ここ6年間の調査で毎年勝ち組が必ず持っている特徴として、”損切りルールは必ず
守る”というものがあるそうです。

これは、昔から言われている黄金律ですが、運用リッチははやりキチンとこの辺は押さえているわけ
です。


TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート