「世界一受けたい授業」お菓子の科学、トルコアイス・マンゴープリン他

ここでは、「「世界一受けたい授業」お菓子の科学、トルコアイス・マンゴープリン他」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
5月26日の日テレ「世界一受けたい授業」で、家庭科授業”お菓子の科学<マル秘>パティシエの技”というコーナーがありました。

今回のテーマは、”世界三大スイーツを家で簡単に作る仰天技”で、「トルコアイス」、「ギモーヴ」「マンゴープリン」の3つのスイーツの簡単な作り方を紹介していました。

[トルコアイス]
トルコアイスとは、お餅のようにビヨ~ンと伸びるアイスで、本物のトルコアイスは作るに
かなり手間がかかるそうですが、今回は超簡単にどの家庭でも食べてる食材で作れるワザです。

その食材とは、何と「納豆」です!

作り方は、「納豆」を良くかき混ぜて普通に粘り気をだします。納豆だけを取り出し、器に
へばりついたネバネバの部分を使います。たぶん、しょう油などの調味料は入れない状態です。

そのネバネバが付いた器にバニラアイスを入れて、後はかき混ぜるだけ。

それでもっちりと粘るトルコアイスが出来上がりです。不思議な事に納豆臭さは全くないそう
ですよ。ゲストのスギちゃんも「うまいぜぇ~~」と褒めていました^^。


[ギモーヴ]
ギモーヴとは、フランスのお菓子で、しっとりして生マシュマロみたいなスイーツのことらしい
です(私はギモーヴを知りませんでした)。

作り方は、
・100%のオレンジジュース140ccとグミ120gを鍋に入れ、4分間温めて溶かす。
・ステンレスボウルに移す。
・氷水にボウルごと漬けて冷やしながら、ハンドミキサーで6分攪拌する。これで空気が沢山
含まれ、トロッとしてくる。
・適当な容器にサラダ油を塗り、流しこんで、冷蔵庫で1時間冷やせば出来上がり。

オレンジジュースの代わりに、グレープジュースやココアなどでもよいそうです。


[マンゴープリン]
定番の人気スイーツですが、このコーナーおなじみのマシュマロを使って簡単につくる方法です。

[作り方]
・マシュマロと牛乳を耐熱ボールに入れて、電子レンジ500Wに2分かけます。
・缶詰のマンゴーと合わせて、ミキサーで30秒。
・器に移し、冷蔵庫で1時間冷やして出来上がり。

マシュマロと牛乳の分量は番組HPを参照とのこと。ですが、出来上がりがプリンのような
柔らかさになる感じで適量で作っても大丈夫かもしれませんね。

また、マンゴー以外のフルーツ(ピーチなど)でも応用できるでしょう。


以上が、今回の「世界一受けたい授業」の”お菓子の科学”の授業内容でした。


私的には、トルコアイスが簡単だし、美味しそうで、是非挑戦してみたいですね。

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。