「アカルイ・ミライ」、浮き指だと下半身太りになる!

ここでは、「「アカルイ・ミライ」、浮き指だと下半身太りになる!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
5月27日のTBS「アカルイ・ミライ」の中で、”足の指が浮き指だと、下半身が太る!”という衝撃速報がありました。

このテーマは、『足裏バランス健康法』(笠原巖 著)という本が元ネタになっています。

笠原巖さんは整体師で、これまで10万人もの足を見てきた経験から、女性の3人に1人は
足の指(主に親指あたり)が「浮き指」で、それが下半身太りの原因
になっており、さらには
首・肩凝り、腰痛の原因だと言います。

「浮き指」とは、足の指が反り返ってしまっているために、歩くときに指が地面から浮いてしまっている状態のことです。これはハイヒールやミュールなどの靴を履くことが大きな原因で、自覚
症状がないので、本人は分からないようです。

「浮き指」の人は歩き方にも特徴があり、身体の重心が後ろにあるために、踵で地面を叩く
ような歩き方になります。膝も若干反り気味になっています。

なぜ「浮き指」が下半身太りの原因となるかというと、健康な人はつま先、指の付け根、踵の
3点で身体を支えていますが、「浮き指」だと、指の付け根と踵の2点だけで支えるため、
バランスを取ろうと下半身の筋肉が発達し、脂肪も付きやすくなるためです。おまけに”ガニ股”
にもなるそうです。

さらに悪い事に、「浮き指」は下半身太りだけでなく、歩き方の不安定さから、衝撃が腰、肩、
首へと波及し、首・肩の凝りや痛み、腰痛にもなりやすくなります。最悪の場合は、頚椎のズレを
起こして自律神経失調となり、”うつ状態”にまで発展する可能性もあるということでした。

「浮き指」かどうかを調べる方法
足裏マッサージの時のように椅子などに座って足を前へ出し、踵が台から前へ出る位置で足首
を直角にします。その体制で親指を足の甲の方へ曲げて90度以上曲がったら、「浮き指」
です(正常ならそんなに曲がらないそうです)。
足指の甲や足の裏にタコがある人もそうです。
「巻き爪」も浮き指が原因のことがあり、それは爪が老化・退化しているからです。


では、「浮き指」を改善するにはどうすればよいか?

<浮き指のリハビリ運動>
・左足親指をリハビリする場合、右手の人差し指を左足指の甲(指の付け根あたり)に当て、
残りの4本の指で足の親指と付け根全体を包むように持ちます。その状態で上下に曲げたり、
円を描くように運動させたりします。

<テーピング法>
足裏の横方向のアーチを作るようにテーピングします。
これは説明しにくいので、上記の本を参照です。


今回のゲストのうち、約半数は「浮き指」で、その人達は確かに肩こりなどがあったようでし
た。

足首から先は、身体を直接支える重要な部位ですから、今回のテーマを参考に点検してみては
どうでしょう?


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。