1,2乗り超小型車を政府が認定、セグウェイも推進するって!

ここでは、「1,2乗り超小型車を政府が認定、セグウェイも推進するって!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<1~2人乗り「超小型車」、普及へ国が認定制度
読売新聞 5月27日(日)3時26分配信
 政府は、軽自動車より小さい1~2人乗りの「超小型車」の普及に乗り出す
 主に高齢者が近場を移動する「足」としての利用を想定している。年度内に認定制度を作り、
道路運送車両法が定める「普通自動車」や「軽自動車」など五つの区分に、「超小型車」を加え
て6区分にする方向で検討する。新たな区分ができれば、1963年以来、半世紀ぶりとなる。
 政府は超小型車を第1種原動機付き自転車(原付きバイクなど)と軽自動車の中間の車両とし
て位置付ける方針だ。
 
~以下省略~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120526-00001151-yom-bus_all
(ヤフーニュースより引用)

このニュースは今日付けの読売新聞でも読んだ。

この手の改革には極めて消極的だった政府・国交省が、何故か方針変換して超小型車の普及
乗り気になってきた。

すでに日産は確か横浜だったと思うが、2人乗りの超小型電動自動車を公道で走らせ実験を
始めている。その結果がよかったのだろうか?

新聞記事の続きでは、政府は1~2人乗りの超小型車だけでなく、あの「セグウェイ」のような
立ち乗り式の電動二輪車も公道を走れるようにする意向
だという。

これもまた凄い判断だね。

セグウェイ式の電動二輪車は日本のメーカーでも、ホンダが「ユニカブ」、トヨタが「ウィング
レット」というものをすでに開発しているというから、体制が整えば普及は早いかもしれない。

この改革は高齢者の利便性のためと言っているが、最近の若者の車離れへの対策の意味もある
らしいし、宅配業者の利用も見込んでいるようだ。

問題は、車両価格や車検・税金・保険など、経済性の面がまず大事だ。

高齢者は年金暮らしの人が多いし、若者も高い車には忌避反応があるから、この点のメリット
がないと普及は難しいかもしれない。

本格普及には幾つかの問題はあるけど、街中をセグウェイがあちこち走り回る光景がもうすぐ
見られるようになるかもしれないと思うと、何だかワクワクしてくるね。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。