渡辺徹、心筋梗塞を起こし手術していた

ここでは、「渡辺徹、心筋梗塞を起こし手術していた」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
渡辺徹、心筋梗塞の手術していた 復帰後の体重はデビュー以来の70キロ台>
オリコン 6月8日(金)19時11分配信
 今月1日に体調不良による療養から仕事復帰した俳優の渡辺徹(51)が8日、都内で会見を開
き、心筋梗塞を患い手術していたことを明かした。4月中旬に入院し、血液の造影検査をしたと
ころ「心臓の冠状動脈が完全に詰まっていた。症状で言うと虚血性心疾患、心筋梗塞の状態で
したね」と告白。渡辺は「ご迷惑をおかけしましたが、元気に復帰しました」と報告しながら、
入院前に90キロだった体重がデビュー時以来の79キロに落ちたことを明かし「本当に不経済で
すよね、服をまた買わなきゃいけない」と笑い飛ばした。
 身体の異変に気づいたのは今年3月半ば。仕事のロケ中に「妙に疲れやすくて、階段を上がっ
てすぐに息が切れちゃう感じだった」と異常を感じ、4月上旬に自宅療養を決意。食欲がなくな
り、点滴を打つため訪れた病院先で本格的な検査を勧められたといい「大きな病院でレントゲン
などをとったら、『心臓が肥大している』と。その後に血液の造影検査をしたら、心臓の冠状動
脈が完全に詰まっていたんです」。
 それでも心臓停止にならなかったのは「大きな動脈は止まってたんですが、小さな毛細血管か
ら血液を送っていたので、止まらずにすみました。ラッキーだったよ」と安堵の表情。5月18日
にカテーテルによる手術を6時間かけ行い、翌19日に退院。

~以下省略~

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120608-00000313-oric-ent
(ヤフーニュースより引用)

何と、俳優の渡辺徹が心筋梗塞となり、手術をしていたらしい。

糖尿病だったのは知っていたが、どうやら心臓の血管も動脈硬化だかコレステロールの塊だか
で完全に塞がっていたという。

普通なら、突然に激烈な胸の痛みに襲われ、そのまま命を落とすこともある心筋梗塞。

渡辺徹の場合は、心臓の他の小さな血管が詰った血管の機能を補い、幸いに大事に至らずに
済んだようだ。なかなかの運強さを持っているね。

4月の休養前には、私の地元の旅番組のレポーターを勤め、相変わらずのバカ食いぶりを披露
していたが、その時はすでに心筋梗塞を起こしていて、直後に体調が悪くなり、手術を受けた
ということだろう。

今は体重も大分減って健康を取り戻したようだが、グルメの道楽はそう簡単に止められるもの
ではないから、今後も要注意だ。

スマートになった渡辺徹を、早くテレビで見てみたいな。


芸能・スポーツ | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。