軽井沢、夏のおすすめ観光スポット(テレビ東京「いい旅夢気分」)

ここでは、「軽井沢、夏のおすすめ観光スポット(テレビ東京「いい旅夢気分」)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
軽井沢、夏の観光おすすめスポットが、7月18日のテレビ東京「いい旅夢気分」で
紹介されていました。題して”涼やか夏旅!軽井沢~万座”という特集です。

軽井沢へは東京からは新幹線で1時間10分(5,750円)ほどです。
車なら、関越自動車道~上信越道で2時間はかからないでしょう。

ゲストのレポーターは、浅香唯、中村由真、大西結花の3人です。

軽井沢は、明治21年に宣教師のショーという人が、生まれ故郷の自然に似ていることから
避暑地として開拓し、「屋根のない病院」として西洋人の静養の場としたのが始まりのよう
です。

3人はまず旧軽銀座の有名なベーカリー『浅野屋』へ。
ここは昭和15年創業の老舗のパン屋。スペイン産の石釜でパンを焼き、70種類ものパンを
揃えています。店の奥では、ちょっとした食事もでき、郊外にはレストランも営業しています。
今回は、人気の「抹茶パン」100g(180円)を購入しました。抹茶の香りがよく、中には小豆
が入って仄かに甘く美味しいパンだそうです。
新商品として、「ブルーベリー&クリームチーズ」263円が美味しそうでしたね。

続いて「見晴台」へ行き、よい眺めを前に先ほどの「抹茶パン」を味わいました。

そこから旧碓氷峠の『熊野皇大神社』へ散歩がてら向かいました。ここは群馬県と長野県の県境
にある珍しい神社で、群馬県側は「熊野神社」となっています。
茶屋もあり、そこで名物の「ちから餅」(450円)を味わいました。夏場はカキ氷の「ちから
餅氷」(500円)が美味しそうです。

『熊野皇大神社』からはクラシックなボンネットバスで旧軽銀座へ戻れます(500円)。

旧軽銀座へ戻った3人は、雲場池の近くの宿泊する宿へ向かいました。

そこは、別荘地の一角にある『オーベルジュ・ド・プリヴェーラ』という森の中のオーベルジュ
で、知る人ぞ知る料理の美味しい宿でした。1泊25,200円~。

ワインセラーには4,500ものワインがあり、自家農園を持って有機栽培の野菜を料理に使って
いるそうです。ディナーはこだわりの野菜を使ったコースで、真鯛や子羊などと野菜を美味く
組み合わせたものです。デザートも種類が豊富です。

朝食もとてもセンス良く、美味しそうな料理でした。

こじんまりとした落ち着いた宿が好きな方は、是非一度宿泊されるといいかと思います。

翌朝は、3人は雲場池を散策し、白糸の滝を訪ね、万座温泉へ向かいました。

他に軽井沢の最新情報として、

・ニューアートミュージアムの「リストランテ・ピアトリーノ」の新しいパスタランチ(1,995円)
・駅前通りの「カフェ・アンソレイユ」の『木苺のグラタン』(700円)、『ケーク・サレ』
(500円)
・雲場池近くの「カフェ・ラフィーネ」のバナナケーキ850円、レアチーズケーキ850円

などが紹介されました。

夏の軽井沢の観光は、有名な観光スポットもいいですが、おすすめは朝の静かで清々しい雲場池や別荘地の散歩、ホテルでのゆったりした朝食の時間などでしょう。

旅・タウン情報 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。