お寺の修業体験が人気

ここでは、「お寺の修業体験が人気」 に関する記事を紹介しています。

今も昔も心の平安を求める人は多いが、最近も不安定な将来や仕事上のストレスの悩みから解放され
ようと、お寺の修行体験を希望する人が、若者を中心に増えているらしい。

読売新聞の21日の家庭欄に、禅寺などの修業体験の記事があった。

お寺の修行といえば、世俗の生活から少しでも離れるために、テレビやインターネットなどの外界の
情報を絶ち、料理は精進料理で体を内側から浄化、そして僧侶の説法、座禅や読経・写経などで、
精神の安定をはかる、などだろうか。

宿坊などに宿泊するのであれば、通常の旅館・ホテルの宿泊とは違い、座禅や写経などの他に、
早寝早起き、清掃などの軽作業もあって、規則正しい生活も体験することになる。

新聞記事によれば、お寺の修業体験の中では、座禅と写経が人気の中心のようだった。

座禅は本格的な修行となれば、かなりキツイだろうが、”修行体験”コースなら15分の座禅を休憩
を挟んで2回行うくらいの短時間のものなので、気軽にできそうだ。

写経は、硯で墨をすって筆で書くので、普段の仕事などとはまったく違うスタイルで文字を書くこと
になり、まさに心と体が改まる経験だろう。普通は「般若心経」が写経の手本となるが、文字数が
意外に多く、慣れないと1時間以上はかかる。

墨をする動作も、こころを落ちつけるのに効果があるかもしれない。

私も昔、自宅でではあるが、写経を数年間実践したことがある。「般若心経」を1日に1枚書くのを
目途に行っていた。僧侶などの指導は受けずに自己流だったが、1日のうちに仏の世界と縁を持つ
時間を作るのは有意義だったと思う。

写経を行っている時期より、今現在において、その経験は下地として役に立っている気がしている。

ところで、東京の都会でお寺の修業体験ができる情報も新聞記事に掲載されていた。

真言宗の高野山が、数年前から『高野山カフェ』というイベントのようなものを東京で開催している。

今年は、今月8月31日から9月9日まで、東京駅前の新丸の内ビルで行われるらしい。写経の体験
は夜11時まで参加できるということです。

また、各旅行会社でも宿坊の宿泊と禅寺での修業体験のツアーなどを企画しているところも増えて
いるそうだ。

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート