おすすめの防災ハンドブック

ここでは、「おすすめの防災ハンドブック」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
明日9月1日は「防災の日」。

誰もが地震や津波、火災などの災害について考えざるを得ない1日です。実際、いつ巨大地震はやって
くるのか分からないのだから、今まで防災についてリアルに考えたことのない人は、いいキッカケに
なるでしょうね。

テレビや新聞などで、防災の知識などを得ても、すぐに忘れていまうもの。「防災ハンドブック」を1冊は持っておいたほうがいいですよ。

それも、できれば見やすい「防災ハンドブック」。

そこで、4コマ漫画風に絵が多くて分かりやすい本を紹介。レビューでも満足度が高く、おすすめ出来そうな一冊です。


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
地震、津波、自然災害から身を守る、節電・放射能対策、非常時や避難生活を乗りきるアイディア…
もしものときのために今すぐ読みたい自分と家族を守る180の方法。
【目次】(「BOOK」データベースより)
地震・災害に備える/地震そのとき/火災そのとき/津波そのとき/豪雨・台風・竜巻・雷・土砂災害
・雪崩そのとき/停電対策/非常時を乗り切るアイディア/非常時の調理方法/非常時の衛生・体調
管理/非常時のメンタルケア/放射能対策/避難生活の知恵/災害に乗じた犯罪対策/被災地を支援
する方法
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
草野かおる(クサノカオル)
セツモードセミナー卒。出版社勤務の後イラストレーターとして活躍。雑誌(マタニティ、ベビー雑誌
、料理関係など)を中心にカットやイラストルポなどを手がける。PTA、自治会を通じて16年に
渡り防災勉強会や防災訓練など防災活動に関わったことを生かし、ブログにて発信中。多くのアクセ
スを集める

渡辺実(ワタナベミノル)
防災・危機管理ジャーナリスト。株式会社まちづくり計画研究所代表取締役。防災・危機管理の仕事
に携わって30年余。国内外の自然災害被災地や大事故現場に足を運び、報道活動をはじめ復興や防災
の啓蒙活動に力を注ぎ、現場体験をベースに災害報道や防災対策について国民サイドに立った辛口の
提言を続けている。2011年3月11日に発生した東日本大震災後は、定期的に被災現地に入り、
取材とともに被災自治体への支援を続けている。また、講演・研修活動を通じて各地域の自治体や
企業へ今後の防災への取り組みや課題を伝えている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載さ
れていたものです)

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。