アカルイ・ミライ、キムチ乳酸菌で腸と肌が若返る

ここでは、「アカルイ・ミライ、キムチ乳酸菌で腸と肌が若返る」 に関する記事を紹介しています。

TBS「アカルイ・ミライ」で、”キムチ乳酸菌で腸と肌が劇的改善”という特集がありました(9月9日)。

昔から、韓国のキムチには乳酸菌が多く含まれているということは有名でしたが、その乳酸菌の
驚異的なパワーを改めて検証する特集でした。
毎日、キムチを食べると腸と肌が若返るという内容です。

タネとなる本は、『味噌、しょうゆ、キムチ 植物性乳酸菌で腸内改革』松生恒夫、主婦の友社。

キムチの乳酸菌で腸内環境がよくなり、肌が若返りますが、それを実証しているのが、韓国人女性の肌の美しさ。番組で調べると、韓国の女性18人中12人が実年齢よりも肌年齢が若かったことが
判明しました。これを日本で実施したら、おそらく逆の結果となったでしょうね。

その美肌(若い肌)を作るキムチの成分が、植物性乳酸菌です。これは通常の乳酸菌に比べ、胃酸に
強く腸まで届きます。さらにキムチは他の漬物に比べ、乳酸菌の含有量そのものも非常に多いのが
特徴です。例えば、たくあんは1g当たり60万個の乳酸菌が存在しますが、キムチは何と5億6千
万個もあるそうです。

この乳酸菌の固まりのようなキムチを、韓国人のように毎日食べれば腸も肌も若返りますが、中々
そんなに食べれません。

そこで、キムチの乳酸菌をふやして若返り効果をパワーアップさせる食材の食べ合わせを紹介
しました。

それはズバリ、納豆と玉ねぎです。

乳酸菌は納豆菌をエサにし、玉ネギに含まれるオリゴ糖もビフィズス菌のエサになるので、この
3つの食材を合わせて食べれば、乳酸菌が増え、腸と肌の若返り効果が大いに期待できるのです。

食べ方は、キムチ、納豆、みじん切りの玉ネギを混ぜ合わせて食べるだけです。

この「キムチ納豆玉ネギ」を1日1回、2週間食べる実験をしたところ、肌年齢が38歳→36歳、
59歳→47歳、と改善される結果が出ました。

尚、「キムチ納豆玉ネギ」は、作って冷蔵庫で一晩寝かせると乳酸菌が更に増えて、効果がアップする
そうです。

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート