雨不足に家庭用雨水タンク設置はどうか

ここでは、「雨不足に家庭用雨水タンク設置はどうか」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
関東地方では雨不足が続き、とうとう11日から10%の取水制限が始まった。

これは浄水場が川などから水を引き込む量を減らすということで、家庭や工場などへの水の供給を
減らすということではないらしい。それは、「給水制限」という。

今後、雨が降らない天候が続けば、20%の取水制限となり、やがては給水制限となるだろう。

電力と同じように、日本各地で水資源を融通しあえないのは、なんとも不便で無駄な気がする。

雨水も貴重な資源と考えるべきで、地球環境の変化で今後日本の天候も大きく変化する可能性が
あることを考慮すれば、水資源安定確保のための何らかの対策が必要だろう。

電力不足に備え、各家庭に太陽光パネルを設置する案があるが、同様に雨水を溜めるタンクを各
家庭に設置
することも検討してよいと思う。

トイレの水や庭の水まき、車の洗車など、台所と入浴以外は、家庭の貯水槽の簡易な浄水でまかなう
ようにすれば、大幅な節水になり、浄水場でも浄水のための電力の使用量が減る。

私も毎日トイレの水が勢いよく流れるのを見て、「無駄だなぁ~」と思うことがしばしばある。

家庭用の雨水タンクは、太陽光パネルに比べれば遥かに安価で済むので、自治体でも補助金を出し易い
だろうから、政府も財政的な援助をすれば(そう巨額でもあるまい)、一気に設置が進むかもしれ
ない。

楽天市場で調べると、家庭用の雨水タンクは、結構大型のものでも2,3万円からあるようだし。
(私の住むところは水道料が高いので、マジで雨水タンクを設置した方がいいと思った)

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。