2030年までに無くなってしまう仕事とは?

ここでは、「2030年までに無くなってしまう仕事とは?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
広く科学技術の進歩により、2030年にはあらゆる業界で人間にとって代わって機械(コンピュータも含む)が仕事をするようになり、その結果人間の仕事は現在の半数が無くなってしまうという研究結果があるようです。

2030年までに無くなる仕事とは?
↓↓

<2030年までに技術革新によって全ての仕事の50%が消滅する!!社会の変化と「消える仕事」「新しい
仕事」をまとめてみた>
10月08日14時00分
提供:ガジェット通信
今回はキルロイさんのソーシャルニュースサイト『コモンポスト』よりご寄稿いただきました。
2030年までに技術革新によって全ての仕事の50%が消滅する!!社会の変化と「消える仕事」「新しい仕事」をまとめてみた
技術というもの進歩は目覚しく、その影響はあらゆる分野に及んでいます。そして、技術革新によっ
て多くの仕事が機械化・自動化され人間の仕事はなくなっていきます。
トルコのイスタンブールで開催された「TEDxReset」の講演の中で披露されたトーマス・フレイ氏の
スピーチに、技術革新によって2030年までに現在存在している仕事の50%が消えてしまうという衝撃的
なものがありました。今後、消える仕事、新たに生まれる仕事とはいったい何なのでしょうか。

~以下省略~

http://news.ameba.jp/20121008-193/
(アメーバニュースより引用)

この記事では、続いて「電力業界」「自動車業界」「教育」「製造業」「ロボット産業」などでの
変化から、仕事がなくなる職種を列挙しています。

例えば、自動車業界では、郵便配達や宅配便、ピザ宅配、トラックやタクシーのドライバーなどの
仕事がなくなると言っています。その理由は自動車の自動運転システムの普及です。

まあ、確かに50年後くらいには、この何割かは自動化しているでしょうが、宅配便やピザ配達
があと20年程度で無くなるとは考えられません。

自動車類の自動化のためのインフラ整備に、一体どれだけの巨額の費用と時間がかかるかという視点
が抜けていますね。国家・自治体レベルでは自動化のための投資の前に、福祉関係の投資が優先される
ハズですから、個別の技術が進歩しても、断片的な導入に永く留まることでしょう。

同様にすべての業界で、たかだか20年くらいで人間の仕事にテクノロジーが置き換わることは
ありえませんね。まして人間の嗜好の問題、機会平等の原則などがありますから。

ただ、EVの普及でガソリンスタンドの減少、手紙・葉書の需要減で郵便配達人の減少などはある
でしょうし、単純作業の仕事ほど需要は減っていくでしょう。

これからはどの仕事の分野でも、より専門家・個性化している人が、成功・安定の恩恵を受けられる
ことは間違いなさそうです。

社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。