食彩の王国、エノキタケ(ステーキ、エノキ氷)

ここでは、「食彩の王国、エノキタケ(ステーキ、エノキ氷)」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
エノキタケの特集が10月6日のテレ朝「食彩の王国」でありましたので、ご紹介。

初めは「エノキタケ」といってもあまりピンと来なかったのですが、番組を見ているうちに、いろいろと新発見があり、また”エノキタケはエライ!”と思ったので、記事を書いてみる気になりました。

エノキタケは意外にも栄養分があり、健康効果も多いらしいので驚きました。

食物繊維とビタミンB1が豊富だそうで、また「食彩の王国」では触れませんでしたが、キノコキトサンという成分は脂肪を燃焼させ、かつ脂肪分の吸収を抑えるので、ダイエット効果も期待できるそう
ですね。

食物繊維も多いのですから、便秘解消にもよく、さらに生活習慣病にも一定の効果があるようです。

番組欄にあった「エノキのステーキ」ですが、簡単で美味しそうで是非試してみたい調理法です。

[エノキのステーキのレシピ]
・エノキタケの根元の固そうな部分(石づき)を輪切りにします(底のおがくずの付いた部分は落とした
方がいいでしょう)。
この部分は普通捨ててしまうと思いますが、ここがステーキの材料になります。
・その輪の周りをベーコンで巻き、楊枝など刺して形をまとめます。
・後はバターでソテーし、しょう油などで味付けすればOK。
このエノキタケのステーキ、柔らかくて美味しいそうです。

他にも、オクラなどとかき揚げにすると、食感と甘みで美味しいとか。

京都の有名料亭の「なめ茸」は、エノキタケとしょう油だけで、じっくり炒めて作るのだそうです。
エノキタケから水分と旨みが出て、多くの調味料は必要ないのでしょう。

更に最近話題の『エノキ氷』も登場しました。これは長野県の産地の人が、毎日でもエノキタケを食べられるようにと考案したそうです。今では、ダイエット食材としても利用する人が増えている
そうですね。

[エノキ氷の作り方]
・エノキタケに水を加え、ミキサーで攪拌します(ミキサーにエノキを目いっぱい入れ、水はその
半量くらいのようでした)。
・鍋に入れ1時間ぐつぐつ煮ます。
・冷ましたら、適当な容器に入れ、冷凍して出来上がり。

後は使うたびに自然解凍させて利用します。

これを料理に使うと、上で述べた効果でダイエットによいらしいですね。

番組に登場した生産者の方は、だし汁の代わり的にカレーや玉子焼きに使うと言っていました。また
自家製ドレッシングに入れても美味しいそうです。

私的には、スクランブルエッグに入れたり、とろろ芋と合わせたり、お好み焼きに入れてもいいので
はと思います。

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。