おせち料理、コンビニ4社でカタログ比較する

ここでは、「おせち料理、コンビニ4社でカタログ比較する」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
おせち料理の予約が気になる時期、コンビニ4社のおせちのカタログをもらってきて、その内容をちょっと比較してみた(暇だな~^^;)。

比較するコンビニは、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップの4店。

各コンビニのイチオシ的な、カタログのトップに掲載されているおせち料理で、大体1万5千円前後のものをピックアップして比べます。

●セブンイレブン
まずは、カタログの体裁からして、他のコンビニとは趣が違い、前半の7ページまであえて商品の写真
を載せず、素材へのこだわりをクオリティの高い写真で説明している。「家庭画報」的な雰囲気とでも
言えそう。
『おせち三段重』15,750円。サイズ18,5×18,5×17,5センチ。
和風、26品、3~4人前。
あわびが小ぶりながら入っている。こだわり素材として、「なると金時芋の栗きんとん」「丹波篠山
産黒豆」「鹿児島県産ブリの照焼き」「比内地鶏の肉団子」が自慢。
全体にバランスよく、洗練されている印象。

●ローソン
セブンイレブンを意識しているのか、セブンより全般にややグレードを上げて展開している印象。
3段のおせち料理を中心に種類を絞っている。
『和洋中折衷おせち三段重』17,300円。サイズ18,5×20×20センチ。
ファミリー向けで4~5人前か、祝い箸が5膳付く。
和14品、中華9品、洋1品の計33品。
中華段にはカニ爪が入って美味しそう。但し、中華と洋はややボリューム過多の印象がある。
各品目は素材が3つ入りが基本となっている(例えば、かまぼこは3枚、栗きんとんは3つ、カニ爪
は3つ、合鴨スモークは3枚、など3つ入り)。

●ファミリーマート
カタログは横長1枚を三つ折りにしたもので、シンプルな体裁。おせち料理もオリジナルは2種
のみ。全般の地味な印象のおせち料理。
『おせち二段重』10,500円。サイズ18,5×18,5×11,6センチ。
和風28品、2~3人前。
オリジナルの中心が1万円台なのは、おせち料理をあまり売る気がないのかも。ボリューム感も
ないので、この値段はやや高く感じる。素材には一応こだわりがあり、「丹波の黒豆」「小田原の
老舗の蒲鉾、伊達巻」「三陸で揚ったいくら」などを使用している。


●ミニストップ(イオンスーパーと共通)
「トップバリュ」ブランドのおせち料理を展開し、おりじなるは3種あるようだが、ミニストップ
では2種を扱い、他に系列の「オリジン弁当」のおせち料理を4種揃えている。
『トップバリュ和風三段重 慶(よろこび)』10,500円。サイズ17,5×20,7×14センチ。
和風46品、ファミリー向けか。
3段重ねで品目も多く、この値段はリーズナブルで、さすがトップバリュという感じ。「えぞあわび」
「海老5匹」「丹波黒豆」など、目玉もある。これで味が良ければ”買い”でしょう。


以上、代表的なコンビニのおせち料理を比較してみましたが、各店ではこの他にもバラエティがあり、京都や加賀など地方の有名料亭、旅館のおせち料理も扱っているところもあります。

また、「年越しそば」もおせちのカタログに載せているのは、セブンとファミマ、ミニストップで、
一緒に注文できるので便利です。

我が家では、第一候補はセブンイレブン、第二がローソンというところでしょうか。
セブンには、2段重で10,500円のおせちがあるので、それと「年越しそば」を注文しようかと
考えています。母と二人暮らしなので、丁度いいところです。

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。