精神的に強くなる方法=自己暗示の本

ここでは、「精神的に強くなる方法=自己暗示の本」 に関する記事を紹介しています。

今年の私の年間目標は、”自分に自信を持てるようになること”だったが、今年ももうあとわずか
になった今、その目標は未だ達成されていない(少しはクヨクヨしないようになった気もするが)。

精神的に強くなりたい、心を強くしたい、様々な不安要素が多い現在の社会で、そう思う人は増えているだろう。しかし、なかなか性格は変えられるものではない。

そこで、精神的に強くなる(心を強くする)のに、自己暗示という方法がある。言葉のチカラで精神を安定させ、クヨクヨしない心を作る。

その方法を説いたのが、下の本。

言霊(ことだま)という言葉があるように、言葉にはパワーがあるので、それを上手につかえば、
自分の思考習慣を変えることもできるということだろう。

”現在のあなたは、あなたの思考が作りあげたもの”と言われるように、自己暗示で思考を変えれば、
違う自分、違う人生を作り出せる。

来年を変化の年にしたい人は、参考にしてみたらどうですか?


【内容情報】(「BOOK」データベースより)
ことばの自己暗示とは自分で自分を励ますこと。自分で自分の心を喜ばすこと。自分の人生を変えら
れるのはこの世でたった一人、自分自身だけ。くよくよしなければ人生はうまくいく。「心」を強く
する画期的な方法。
【目次】(「BOOK」データベースより)
人生を変える自己暗示力/唱詩とはどんなものか/自己暗示は信念を強くする/理想の追求と自己暗示
/唱詩のつくり方/ミアーズ博士の「リラックス法」/高田明和博士の「言霊療法」/言霊について
考える/自己暗示の唱詩(実例集)
【著者情報】(「BOOK」データベースより)
沢井淳弘(サワイアツヒロ)
1939(昭和14)年、大阪に生まれる。京都大学英文科卒。京都産業大学名誉教授。大学に入学
してすぐに原因不明の病気を患う。郷里の広島に帰り治療を治うもなかなか回復せず、伯母の強いすす
めで、中村天風の講話を京都で初めて聴く機会に恵まれ、それがきっかけで人生が変わり始める。以来
、12年間にわたって薫陶を受ける。中村天風亡き後も、瞑想やことばの自己暗示法の実践・研究を
続け現在に至る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート