薪ストーブ、おすすめの国産メーカー(何と無煙)

ここでは、「薪ストーブ、おすすめの国産メーカー(何と無煙)」 に関する記事を紹介しています。

薪ストーブで、火がゆらゆら揺れるのを眺めながら暖をとる。

毎年寒い季節になると、あこがれる生活スタイルです。男性なら同じような夢を持つ人は多いのではないでしょうか?

最近は、エコや省電力の観点からも薪ストーブは注目されているようで、楽天市場にも「油圧式まき割機」なんていうものがサイトの目立つところに人気商品で出ているほどでした。

今朝の新聞折込にも、ホームセンターのチラシに「鋳物まきストーブ」が載っていて、3~4万円の手頃な価格が表示されていました。多分国産メーカーの量産タイプの安物でしょうが、やはり人気があるのでしょう。

しかし、薪ストーブにはいろいろ面倒で手間のかかる問題が多いのが欠点。私もいつかは薪ストーブを使ってみたいと思っていますが、最大のネック(心配)は”煙の排出”。

よく隣近所への煙の害が問題になるケースがあると聞きます。

その煙の排出の問題さえクリアできれば、後は趣味的にのんびり薪ストーブのよさを堪能できますからね。

そこで、ネットで少し調べたところ、薪ストーブの煙の排出問題はあいまいで、「大丈夫だ」という見解もあれば、「煙は出る」というものもありました。薪ストーブの構造(燃焼温度など)や薪の種類、薪の乾燥度にもよるらしいですね。

寒冷な地の海外メーカーの物には、特殊な燃焼方式で煙を少なくするタイプが多いですが、それでもどのくらいの煙なのか正確には不明だし、国産と比較して価格も20万円~40万円ほどと、割と高いです。

「やっぱり薪ストーブはハードルが高いのかなぁ~」と思いながらも、さらにネットで調べると、何と国産メーカーで凄いのを見つけました!

それは長野県にある薪ストーブメーカーで、”無煙薪(まき)ストーブ”を謳い文句にしているところです。『株式会社モキ製作所』というところです。煙が心配どころか、”無煙”ですからね!

このメーカーは、独自の研究で、超高温の燃焼を可能にし、煙の発生をなくしたそうです。

肝心の価格も、海外メーカーと比較して安めで、デザインも良いものもあります。

都会に住んでいる、住宅街に住んでいる人で、薪ストーブを煙の点で隣近所に気兼ねせずに楽しみたい人には、おすすめできるメーカーではないかと思います。

参考までに、「モキ製作所」の無煙薪ストーブの記事と、同社のHPのURLを下記に載せておきます。


「世界最後発」のまきストーブメーカー

『株式会社モキ製作所』のHP


◆関連記事
暖炉型電気ヒーターのおすすめは炎がリアルな「オプティミスト電気暖炉」


住まい・暮らし | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート