カイロを貼る効果的な場所は?

ここでは、「カイロを貼る効果的な場所は?」 に関する記事を紹介しています。

カイロで健康に 体が温まる5つのツボ>
 寒さが厳しくなるにつれ、使い捨てカイロを利用する機会も増える。カイロを効果的に貼れば体をポカポカ温められる半面、間違った使い方をすると低温やけどをする恐れもある。カイロの上手な使い方と注意点を専門家に聞いた。
 「体が冷えると熱を逃がさないように血管が細くなり、血行が悪くなる。その部位に酸素や栄養分が届きにくくなって、老廃物が排除されにくくなる」。医学博士で健康科学アドバイザーの福田千晶さんは、冷えは体に悪い影響を及ぼすと話す。特に女性は熱を作り出す筋肉が少ないため、冷えやすい。
 ではカイロを使う際は、どこに貼ればいいのだろう。

~以下省略~

http://www.nikkei.com/article/DGXDZO49000940Q2A131C1W05001/
(日経新聞サイトより一部引用)


「ほっカイロ」というか、貼ると温かくなるカイロは、寒がりや冷え性の人には冬の必需品でしょう。

折りしも、今日の午後からは本格的な冬の寒波が襲来し、真冬の寒さへと日本列島が入っていくらしい。

そこで、”カイロを貼る場所はどこが効果的か?”について書かれたのが上の記事。記事後半に具体的な冷えに効くツボの場所が書かれていますが、概ね腰と下腹部、足首の内側と大きく分けて3箇所のようです。

最近では、カイロの種類も増え、体の部位別にかなり細かなパーツとして販売されているようですね。

中には靴の中用、足の裏用、なんていうものもあるらしいです。

鍼灸の資格を持っている私としては、上半身の冷えを取る場合にカイロを貼る効果的な場所(ツボ)としては、手首の手前表側で指4本分くらいのところで、骨の当たる窪んだ部分(親指と人差し指の間の延長上)がツボなので(オンルと言う)、そこに小さめのカイロを数分当てるといいのではと思います。

うまく効くと、腰のあたりまで温まります。良く効くところなので、長く当てるとのぼせることもあり、短い時間から試してみるとよいでしょう。

では、カイロを上手く使ってこれからの寒い冬を乗り切ってください。

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート