中性脂肪の治療薬が市販化決定

ここでは、「中性脂肪の治療薬が市販化決定」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
中性脂肪の数値を下げる効果のある治療薬が、市販されることになりました。

生活習慣病といわれる一連の病気がありますが、それらの治療は皆病院で治療を受け、医師から処方される薬(処方薬)で行うものでした。

ところが今回、生活習慣病の中の中性脂肪過多(脂質異常症=高脂血症か)について、薬局で治療薬が買えることになったということです。

今月19日の厚生労働省の審議会で、厚労省の承認が報告されたそうです。早ければ来年度中に薬局で販売される予定です。

仕事などで何かと忙しく、病院へ行く時間がとれないビジネスマンなどは助かるでしょうね。

その薬品名は「エパデール」です。

何かと医療費を削減したい厚労省は、中性脂肪が高いままで症状が進む前に、自分で薬局で薬を購入し、中性脂肪を管理できれば、動脈硬化や心筋梗塞などのリスクを減らし、結果として医療費も減ると考えているようです。

薬の主な原料もイワシの油なので、副作用のリスクも低く、安全性も問題ないと判断したのでしょう。

当然医師会は、医師にとって大きな収入源が一つ減りそうなので、「脂質異常の本人に任せると重症化するおそれもあり危険」と反対しています。

これから高齢化が加速度的に進むわけで、社会保障費も膨大なものになります。健康管理はできるものはドンドン国民自身にまかせ、医療保険料がこれ以上増えないようにするためにも、患者の多い病気の治療薬は積極的に市販薬化していって欲しいものです。

関連タグ : エパデール, 中性脂肪, 市販,

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。