世界一受けたい授業、「ひと手間クッキング・調味料裏技使い」

ここでは、「世界一受けたい授業、「ひと手間クッキング・調味料裏技使い」」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
世界一受けたい授業」(1月16日)の中で、”ひと手間クッキング / 調味料裏技使い”という授業がありました。

講師は、女子栄養大学の白野浩子さんです。

まずは、「鮭のフライ」ですが、衣を付けるときに卵の代わりにマヨネーズを使ってもよいそうです。元々マヨネーズは卵を使っているので、同じ食感を出せ、しかも手間がかかりません。

ゲストの中川翔子さんは、「ビーフシチュー」の仕上げに赤味噌を使うそうです。そうすると、コクがでるとか。

[おつまみ編]

・大根+お茶づけの素で即席のお漬物
大根をピーラーなどで薄くスライスし、永谷園のお茶漬けの素と混ぜるだけで、塩味が程よく効いたお漬物風になります。

・えびせんを使ったスナック
えびせん、マヨネーズ、かつお節、昆布茶、きざみ海苔をその順番に混ぜ合わせるだけ。えびせんとマヨだけをビニール袋などに入れて先に混ぜ、残りを順番に入れていくとうまく出来そうです。

・玄米フレーク、ラー油、あらびき胡椒も、同様に混ぜるだけで美味しいおつまみになります。

[おかず編]

・「きんぴらごぼう」は、砂糖・みりんの代わりにメープルシロップを使うと、同じ味でカロリーが抑えられ、ヘルシーになるそうです。照りも出て、ほとんど味は変わらないとか。

・「豚の角煮」は、仕上げに”イチゴ味のソフトキャンディー”(やわらかいグミっぽいヤツのようです)を入れると、八角を入れた時と同じような旨みがでるようです。1人前につき1個の目安で入れます。

・「はちみつ味噌」
味噌:はちみつ=2:1で鍋などで温めて溶かしたものが、「はちみつ味噌」です。これを「豚のしょうが焼き」の際に、生姜のすりおろしと一緒にしたもので味付けすると、普通のしょうが焼きのような美味しい味になります。多くの調味料を使わなくて済むので手間が省けます。


最後に不定期でやる『卵かけご飯対決』があり、今回も何故が有田さんの玉子かけご飯が全員の支持を受け一番になりました。

そのレシピは、
「卵の黄身のみ+オイスターソース+刻みネギ」のシンプルなものでした。

どうぞお試しを。

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。