みんなの家庭の医学、納豆の骨折予防効果

ここでは、「みんなの家庭の医学、納豆の骨折予防効果」 に関する記事を紹介しています。

みんなの家庭の医学」(テレ朝、1月29日)は、”カラダに効く食べ物、医食同源SP”という、食べ物の健康効果を大公開する2時間スペシャル企画。

その中で、納豆の新発見の健康パワーについて取り上げていましたので、ご紹介。

納豆はいわば健康優良食の代表のようなものですが、今回は『骨粗しょう症』(骨折)の予防・改善効果について特集しました。

この関係を研究しているのは、東大医学部の老年科です。

骨粗しょう症は、国内に推定患者1,300万人、50歳以上の女性の4人に1人が骨粗しょう症ということになります。

骨粗しょう症と納豆の関係が注目されたのは、納豆の消費量が高い地域では骨折の発症が低いということがデータ的に明らかになったからです。東日本では納豆の消費が多く、骨折する人は少ない傾向があり、西日本では逆でした。

納豆の中のどんな成分が骨粗しょう症に有効なのかというと、『ビタミンK』です。
これは、2006年にイギリスの研究論文で、「納豆にふくまれるビタミンKは骨折を予防する効果がある」という形で明らかにされました。

納豆のビタミンKがどのような仕組みで、骨粗しょう症を予防するか(骨折を防ぐ)というと、骨の中のカルシウムの結合に関与するコラーゲンの作用をよくするそうで、それにより骨の質を良くするのだそうです。ただ単にカルシウムが多いだけでは骨は強いとは言えず、強い結合で折れにくい事が重要なのです。

ところで、納豆を沢山食べればビタミンKも摂れ、骨粗しょう症の予防になりますが、より効率的なビタミンKの摂り方を紹介しました。

まず、「ひきわり納豆」の方が普通の「丸大豆納豆」よりも1,5倍ほどビタミンKが多く摂れます。表面積が多いため納豆菌の量も多いからです。

食べ方でもビタミンKを多く摂れる方法があります。

それは、”油と一緒に調理して食べる”という方法です。ビタミンKは油と一緒に食べると吸収率が高まるからです。

磯辺揚げにしたり、グラタンにしたりするなどです。但し、油料理にするとカロリーも多くなりますので、ご注意。

私的には、納豆を混ぜる時にオリーブ油を加えるとか、マヨネーズを使ったレシピ、納豆コロッケなどいいのではと思います。

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート