皇太子さまに「ご退位」勧める宗教学者の論文、問題か?

ここでは、「皇太子さまに「ご退位」勧める宗教学者の論文、問題か?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
皇太子と皇太子妃雅子さまの公務のあり方に関して疑問を呈し、皇太子に対しご退位を進言する宗教学者が出て、話題になっている。

「新潮45」というオピニオン月刊誌3月号に、その寄稿文が載っているらしい。



私は「新潮45」を読んだ訳でもないが、一介の学者が皇位という皇室の重大な事柄に対し、意見を述べるのはいかがなものかと思うし、いささか不愉快な気分にもなった。

皇室のあり方が、皇后のご努力などにより国民に開かれ親しみを持てるようになったのは嬉しいことだが、皇太子・皇太子妃に譲位を促すような事を公然と述べるのは、いかがなものか?


日本では皇室に関することがらは、皇室典範により国会などの専権事項となっていて、皇室の伝統や血統などを慎重に考慮しながら決められることになっている。

雅子さまの療養生活が10年に及び、一部のご公務の遂行に支障があるのは確かに望ましいことではないかもしれないが、現在の天皇制は日本国の象徴という位置づけだから、国民全体が皇太子と雅子様の存在を”睦まじい和の象徴”と感じていれば、「退位」という無理なことは考慮する必要などないのではないか。


問題の宗教学者は、国民やメディアが「かならずしも暖かい眼差しをむけているわけではない」と言っているが、
皇太子一家のご様子を、今の位に相応しくないと感じる一般国民など、果たしているだろうか?


ご公務に出席される時には、笑顔でいらっしゃる雅子様の姿を拝見できるのだから、それでよいと私は思うのだが。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。