イボ痔、市販薬でどこまで改善するか

ここでは、「イボ痔、市販薬でどこまで改善するか」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
イボ痔市販薬(ボラギノール)で対処中です^^;

約1週間前頃、「やけに肛門あたりがヒリヒリするなぁ。トイレで用を足した時、強く拭きすぎたのかなぁ?」とお尻の不調を感じめました。

以前にもそういう事があり、1,2日で治っていましたが、今回はどうも長い。しかも痛みがだんだん強くなっている気がしました。

そうしているうち、ふと肛門をまさぐると、何と!、ブドウの房のような小さな粒々が2つ、3つと手に触れるではないですか!

イボ痔でした・・・。

私は胃腸虚弱で、酷い下痢の後は肛門全体が腫れぼったくなって、やや外に盛り上がるような違和感に最近不安を感じていたのですが、とうとう肛門の一部に破綻が生じ、脱肛(イボ痔)になってしまったようです。

それをハッキリ認識したのが、先週の20日(水曜日)。

ジンジンと軽い痛みも続いているので、とりあえずは市販薬で悪化を防ごうと、翌日薬局に行き、TVのCMで有名な『ボラギノール』(1,500円くらい)を買いました。

イボ痔が市販薬でどこまで改善するか不安ですが、とりあえず症状を和らげて、冷静に考える時間が欲しいと思ったわけです。

『ボラギノール』は、小さなチューブに入った軟膏で、肛門に塗ることも、坐薬的に肛門内に注入することも出来る便利な薬でした。

生まれてこの方、坐薬は使ったことがない(肛門内に何かを入れたことがない)ので、とりあえず肛門に1本塗ってみました(21日の朝)。

幸強い痛みでもないので、外出でき外で食事もできました。

しかし、あまり効果も感じなかったので、説明書をよく読むと、「排便後」「入浴後」「就寝前」に注入すると効果が高いとあったので、思い切って寝る前に注入することにしました。

肛門に薬を注入するのは初めてで、緊張しましたが、意外にも簡単に注入できました。肛門って案外鈍感なようです。

翌朝、肛門の痛みは確かに軽くなり、やや楽になりました。しかし、イボ痔自体の形態には変化はなく、飛び出した痔核はそのままでした。その日の日中も肛門の外に塗りましたが、脱肛に外から塗るのは意味がないようです。以後注入のみにしました。

それから今日で5日目、『ボラギノール』は今夜で1箱使い切ってしまいます(1日に2個のチューブ使用)。

1箱使っての効果は、私の場合、肛門全体の腫れっぽさがやや軽減していますが、イボ痔の形態にはあまり変化なく、ピリピリした弱い痛みもあります。

説明書には”10日使用して変化がなければ医師の診察をうけろ”と書かれています。

もう一箱使ってみるか、別の市販薬(「プリザエス」とか)を使ってみるか・・・。

明日になったら、また考えよ。

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。