家庭の水道の水圧で発電するモーターが開発される

ここでは、「家庭の水道の水圧で発電するモーターが開発される」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
家庭の台所などの水道の蛇口から出る水。その勢い(水圧)を利用して発電するというシステムを考案した会社があるらしい。

これはひょっとして”発電の革命ではないか?”という記事が、「エキサイト・ニュース」の4/18の(Excite Bit コネタ)欄に出ていた。

日常、さまざまなシーンで、”この物理的パワーは発電にも利用できるのではないか?”と思うことは多々あるが、その一つとして、浄水場から送られてくる水道の圧力に着目したものらしい。

私なども、スポーツジムで何十人もが一斉に走っているランニングマシンのベルトの回転力とか、雨が降った時に屋根からトイを伝わる雨水の流れとか、普段そのパワーが勿体無いと思うことがよくある。

この水道の圧力の発電を考案したのは、神奈川県の「中野製作所」という会社で現在特許を出願中。

商品名は『流体モーター(仮)』というらしい。

こういう発電モノは、実現しても価格が高くて、結局自治体や企業向けとなり勝ちだが、この発電機が製品化された場合、その価格は3,4千円程度というから、一般家庭でも簡単に導入できる。

蓄電もできるというから、かなり使い勝手はよさそうだ。

台所だけでなく、トイレの水でも使えれば、大人数の家庭などかなりエコなシステムになるだろう。

一般家庭でもいくつかの発電システムを組み合わせれば、年間の使用電力のかなりの部分を自前で賄えるのではないかな?


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。