フジTV「ジェネレーション天国」、”小さいおじさん”若者に人気

ここでは、「フジTV「ジェネレーション天国」、”小さいおじさん”若者に人気」 に関する記事を紹介しています。

今日、夜7時のフジTV「ジェネレーション天国」を後半部分から何気なく見ていたら、”誰もが夢中になった超常ミステリー”というテーマを取り上げていて、結構楽しめた。

そのテーマで、各世代の1位人気をみると、30代以降は『UFO』だが、10~20代(マンゴー世代)は、『小さいおじさん』だった。

(どの世代だったか忘れたが、「スカイフィッシュ」という正体不明の生物も人気ランキングに入っていた。
人の目には見えないが、時速300キロという猛スピードで飛行しながら障害物は見事に避けるという。大きさは10センチ程度から100メートルクラスまで様々らしい)

『小さいおじさん』とは、文字通り身長30~40センチの小人のような存在で、緑色のジャージを着ていて、遭遇すると何か幸運な事が起こるが、目が会うと消えてしまうという。

そもそもは、アイルランドの「レプラコーン」という妖精のようなものが起源のようだが、それが日本に伝わり、妖怪のような不思議な存在として話題になったのだろう。

YouTubeにも、「小さなおじさん」というタイトルの動画があったが、どうも小さなキューピー人形を使ったインチキっぽかった。

番組で紹介した「小さなおじさんの写真」には、幼稚園児のような子供の足元に、白っぽいフワフワした固まりのような物が映っていた。見ようによっては人のようにも思えたが、いわゆるエクトプラズマのようにも見えた。

そのように、人間のエネルギー体の一種かもしれず、それがたまたま可視化された現象かもしれない。

同番組の出演者の、柳原加奈子も以前に2回ほど「小さいおじさん」を見たことがあり、その後はテレビ」出演が増えるなど、ラッキーな事が起こったと言っていた。

そのおじさんは、ランニングシャツを着た、よくいる「おじさん」みたいだったらしい。

『小さいおじさん』の正体は何かは、もちろん分からないが、それがリアルな人間のような姿だった場合、若い世代(特に女性)の常套句の”かわいい~っ!”という言葉のエネルギーから、潜在意識に何らかの刷り込みが起こり、集団的に錯覚を起こして見えているのか?

あるいは、人には誰でも守護霊がいるというから、『小さいおじさん』はひょっとしたら、それを目撃した人の男性の守護霊だったりして・・・。

そう想像すると、見たら幸運な事が起こるというのも、納得がいくしね。

もし、『小さなおじさん』を見かけたら、”あなたは、私の守護霊さんですか?”と声をかけてみよう!

TV番組 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート