食彩の王国(テレ朝、7/13)、ニンニクレシピで猛暑に勝つ!

ここでは、「食彩の王国(テレ朝、7/13)、ニンニクレシピで猛暑に勝つ!」 に関する記事を紹介しています。

テレ朝「食彩の王国」(2013年7月13日)で、”猛暑に勝つ!ニンニクレシピ”という特集がありました。

連日の猛暑で、今年の夏は夏バテになる人が続出するのではと心配されますが、夏のスタミナ源には、にんにくはおすすめの食材候補といえるでしょう。

今回の「食彩の王国」は、ニンニク料理のレシピなど紹介する内容で、タイムリーな特集でしたね。

番組では、小さな頃から病弱で、17歳までは生きられないだろうと言われた青森の女性が、心配した祖母の手作りの「ニンニク味噌漬け」で丈夫な体になり、結婚もし子供もでき、ご主人の体調不良を今度は自らの手作りのニンニク料理で救ったという逸話を紹介しました。

そのニンニク料理は、にんにく酢漬け・梅干・かつお節・砂糖を混ぜて作ったものですが、やがてそれはニンニクの産地として有名な地元の田子町で注目され、田子町の物産品として商品化され、販売されるに至りました。

その商品名は、『にんにこちゃん』といいます。小さめの瓶詰めの商品です。

番組内では、販売先など詳細は告知されませんでしたが、ネットで調べてみると、その商品は確かにありますが、ネットで直接販売はされていないようです。

しかし、青森県・田子町には「ガーリックセンター」という施設があり、そこではネットショップのサイトがあります。そのサイトでも『にんにこちゃん』は販売リストにないのですが、問い合わせれば入手できるかもしれません。

・田子町「ガーリックセンター」
http://garlic.shop-pro.jp/


次に、ニンニクを使った台湾料理のレシピが紹介されました。

○「あさりとバジルの炒めもの」レシピ

・にんにくを包丁でつぶす(辛味を出し、あさりのくせを消すため)
・多めの油でニンニクを炒める。
・あさりを加え、炒める
・さらに、バジルの葉を適宜加える。

味付けは明らかではありませんが、しょう油系のようでした。


○ニンニクのしょうゆ漬け

これは、ニンニクを丸ごと、瓶でしょう油に漬け込むだけのもの。箸休めのピッタリだそうです。

○「ヤリイカとバジルの土鍋仕上げ」レシピ

・ニンニク粒を丸ごと素揚げにしておく。
・ごま油で生姜のスライスを炒める。
・そこへ小ぶりなヤリイカを加えて炒める。
・しょう油、紹興酒で味つけし、素揚げにしたニンニク加える。
・土鍋にバジルの葉を数枚敷き詰め、その上に調理したものを移す。
・鍋に蓋をして、テーブルに運ぶと食べごろになる。

ニンニクがホクホクとジャガイモのような食感で、美味。

これは、番組に登場した台湾出身のセレブ夫人が各国の招待客にもてなし、とても評判の良かった料理だということです。


○「ステーキwithガーリックライス」レシピ

夏のスタミナ回復料理としておすすめのサーロインステーキです。

・輪切りのニンニクスライスを素揚げする。
・そのオイルでご飯を炒め、ガーリックライスを作る。小ネギのみじん切りなども適量加える。味付けは不明ですが、しょう油系のようです。できたガーリックライスの上には揚げた輪切りのにんにくを乗せる。
・サーロインステーキを焼き、その上にはにんにくのみじん切りを揚げた粉のようなものも振り掛ける。


◆関連記事
食彩の王国、マヨネーズのレシピ&松田マヨネーズ

夏バテ予防に水切りヨーグルトレシピ(テレビ東京「エル4ユー」)

食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート