林真理子、初の人生論「野心のすすめ」

ここでは、「林真理子、初の人生論「野心のすすめ」」 に関する記事を紹介しています。

林真理子が最近人気のようですね。

テレビにもよく出てるし、本も売れているらしい。確か、ダイエットの本も出して、それについてテレビ出演もしていたな。

何だか、顔つきは柔和だったし、語り口も自然体で、魅力がアップしてた気がした。

そして、今回、『野心のすすめ』という新書本を出した。
(新書だから安くて買いやすいのも、野心的な戦略かな?)


私の40代の妹も、とてもインテリとはいえず普段本など読まないヤツだったが、最近林真理子に傾倒しているらしく、この本を買ったようだ。

ここ数年の柔らかい印象になった林真理子に、好印象を持ったのかも。


この『野心のすすめ』には、若かった頃の劣等感などが書かれているようだが、才女で多くの文学賞も受賞してきた人にも、内面ではそういう辛い過去があったんですね。

確か記憶に間違いなければ、林真理子は有名になり始めの頃、一度ヌード写真を雑誌に掲載していたハズ。ポッチャリ体型で、バストも鳩胸っぽかったな。

ああいうのは、何かの願望を実現すための挑戦=野心の現れだったんだろうか?



「挑戦し続けると、運は強くなる」。願いを叶える人生のための心構えとコツを伝授する。
待望の、著者初の新書(単著)がついに登場!
【内容情報】(「BOOK」データベースより)
四十数戦全敗に終わった就職試験、お金、コネ、資格、美貌…ないない尽くしのどん底からどうやって階段を上っていったのか。林真理子初の人生論新書

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 野心が足りない(屈辱感は野心の入り口/無知の知 ほか)/第2章 野心のモチベーション(友人同士の「タイタニック」格差/糸井さんや仲畑さんの超一流オーラ ほか)/第3章 野心の履歴書(不採用通知の束を宝物に/いじめられっ子だった中学時代 ほか)/第4章 野心と女の一生(ママチャリの罪/“絶対安全専業主婦”の存在 ほか)/第5章 野心の幸福論(欲望の「大食漢」/「妄想力」が野心のバネになる ほか)



書評 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート