桜島の噴火、富士山と関連は?10月異変説は?

ここでは、「桜島の噴火、富士山と関連は?10月異変説は?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
今日8月18火の午後4時頃、鹿児島県の桜島が爆発的噴火をし、噴煙が上空5,000メートルの高さまで上がった。

桜島の噴火は、関東に住む者には”時々あるんだろう”くらいの認識しかなかったが、実際は年間数百回も起きているということだ。

でも今年は例年より噴火の回数が多いらしく、今日の噴火はもう今年になって500回目だというニュースもあった。


テレビのニュースでは、鹿児島市内は一部で火山灰が砂嵐のように街中を吹き荒れていて、住民の人は目や喉が痛いとか訴えていた。空も暗くなり、車は昼なのにヘッドライトを付けないと危ないくらいだった。

過去の歴史では、1914年の噴火の時は火山灰は東北地方まで飛んだという記録もあるらしい。

今回5,000メートル上空にまで噴煙が達しているから、数日後には関東地方くらいには火山灰が飛んでくるかもしれない。


ところで、今年は異常気象や事故が多発し、何だか不気味だ。

この夏休みも、異常なのは暑さや大雨だけでなく、人為的な事故が多く、刑事事件も多い。
テレビのニュースでは毎日のように物騒な事件が報道されているし。

(卑近な例で恐縮ですが、今年の夏、我が家ではゴキブリの出没がゼロなんですよね。
毎年、今頃はゴキブリとのバトルが結構あるんですが・・・)


そして、誰もが今回の桜島の噴火で、富士山の噴火を連想したのではないだろうか?

富士五湖の一つ、河口湖では水位が異常低下して底が露出しているところがあるというし。


ある専門家によれば、河口湖の水は雨水が溜まったものだから、降雨量の少なさが原因で、雨がもっと降れば水位も戻ると言うが、別の専門家は、地下の火山活動の影響の可能性があり、注意が必要とも言っている。

桜島の噴火にしても、富士山とは火山帯が違うだろうが、東日本大震災による地殻の変動がずっと深いところで変化を起こし、富士山に影響を及ぼさないとも限らないだろう。


アメリカの有名な預言者が、日本で10月頃に何かとんでもないこと(災害らしい)が起こると言っているようだが、まさか富士山で何事も起こらないよね?



社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。