食彩の王国、「ヨーグルトの魔法」(和食のレシピなど)

ここでは、「食彩の王国、「ヨーグルトの魔法」(和食のレシピなど)」 に関する記事を紹介しています。

食彩の王国」(テレ朝、9月21日)は、”秘められたパワー、ヨーグルトの魔法”という内容でした。

健康への関心が高まる中、ヨーグルトは整腸作用や免疫力アップの効果で、年々注目を集める食材となっています。

最近では、ミスマッチとも思える和食の世界でも、ヨーグルトを和食の世界を広げるテイストとして用いるプロの料理人も出てきました。


今回の「食彩の王国」は、アスリート向けの栄養食、トルコ料理、和食などでヨーグルトを使ったレシピを紹介していました。


[アスリート向けの食事]
マラソンの高橋尚子さんの管理栄養士を勤めた新生暁子さんは、多くのヨーグルトレシピ本を出す一方、ヨーグルトを使ったアスリート向けの栄養食を考案しています。

○トマトすき焼き
・牛肉にヨーグルトを合え、20分置く
・すき焼き鍋で、牛肉を焼き、野菜・トマト、豆腐を加え味を調える。
・付けだれは、生卵にヨーグルトを入れ、すき焼きのタレで味を調整する。

すき焼きにヨーグルトを入れると、乳酸菌で肉がほぐれ、肉の旨みを引き出すそうです。


○豆アジの南蛮漬け
・豆アジ(小さなアジ)は、頭を取って開いたものを素揚げにする。
・人参、玉ねぎ、カイワレ(豆苗?)、赤唐辛子の千切りに水切りヨーグルト、ホエー、しょう油を加え混ぜ合わせ、南蛮漬けの漬け野菜を作る。
・アジを加え、混ぜる。

柔らかな酸味がアジを包んで美味しいそうです。


[トルコのおやつ]
・キュウリを細かく刻んで、塩・オリーブ油を適量加える
・ヨーグルトを多めに入れ、千切ったパンを加え、混ぜ合わせれば出来上がり。

ちょと味は想像できませんが、何かもう一つアクセントを加えてもいいかも。


[和食]
東京・麻布のミシュラン2つ星の和食『分とく山』のオーナー、野崎洋光さんは、最近、和食にヨーグルトを取り入れた料理で注目されている料理人さんです。

○海鮮の黄身酢かけ
・ヨーグルトと卵黄(ほぼ同量に見えました)にしょう油、砂糖を加え、味を整える
・湯煎にかけ、よくかき混ぜながら、トロ味をつける
・あわび、イカなど(火を通してあった)にかけて食べる


○白玉
白玉粉をヨーグルトで練って白玉を作り、あとは普通に黒蜜などかけて食べる

ヨーグルトが白玉の甘みを引き立てるそうです。



どのヨーグルトレシピも簡単そうなので、私もどれか試してみようかと思います。


また、番組とは別ですが、鶏のから揚げに、ヨーグルトにポン酢を合えたものをかけると美味しいとか聞いたことがありますよ。



食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート