ドイツ流、血液や赤ワインのシミの落とし方

ここでは、「ドイツ流、血液や赤ワインのシミの落とし方」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
ネットをうろうろしていて、役に立ちそうなニュース記事を見つけたので、ちょっとご紹介。

このブログでも、シャツなど洋服につけたシミの落とし方は人気のテーマですが、ドイツの家庭での生活の知恵によるシミの落とし方は結構参考になりそうです。

ここでは、血液が付いた衣類と、赤ワインや果物のシミの落とし方を紹介しておきます。

以下がそのニュース記事↓


<ドイツおばあちゃんの知恵第2弾「赤ワインと茶渋を取るには塩」
「トイレの悪臭にはコーラ」>
ttp://news.nifty.com/cs/item/detail/mnwoman-20131003-mw844491/1.htm
(上記のURLは小文字「t」を付けてください)

~一部省略~

6 血液がついた衣服
血液に含まれるタンパク質がシミを頑固にする理由。タンパク質にはタンパク質で対処。牛乳でつけおき洗いします。

7 赤ワインのしみ
テーブルクロスに赤ワインをこぼしてしまったら、すぐに大量の塩をかけてしばらく放置します。その後、新たな塩でしみの箇所をもみ、洗濯するとキレイにとれます。じゅうたんの場合も同様に塩を大量にかけて放置。その後、爪ブラシでブラシがけをして掃除機で対処。ベリー類や他の果物のシミにも有効。強い洗剤をつかえない衣類やレストラン、友人宅で使えるワザです。ただし「こぼしてすぐに」が鉄則。


(以上、ニフティニュースより引用)


牛乳に衣類を漬けるのは、生臭い臭いが移りそうでイヤだという人は、低温殺菌の牛乳なら臭いが少なく、よいかもしれません。

赤ワインのしみ抜き(塩)は、他の赤系統の色の果物の果汁のしみに使えるということのようです。


表題の「トイレにコーラ」や他のドイツの生活の知恵を知りたい方は、上記の記事サイトへアクセスしてください。



実用 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。