わかりやすいお勧めのスピ本3冊ご紹介

ここでは、「わかりやすいお勧めのスピ本3冊ご紹介」 に関する記事を紹介しています。

もう今年も残り2ヶ月半。

年が変わる時期が近づくと、自然と来年=未来に思いが行き、神仏とか見えない世界に関心が引き寄せられてしまいます。

今年は運勢的にイマイチだったので、余計にスピリチュアルな世界に関心が向いている気もしてます。

そんな気分の時、新聞の書籍広告で、気になるスピ本を見つけ、ネット検索したらさらに面白そうで口コミレビューの評価もいい別のスピ本も見つけました。

すでに有名な本ですが、わかりやすいおすすめ本として紹介しておきます。



●「不思議な世界の力」を借りて、幸せになる


”著者のもとに現れるという「不思議な世界の方々」。
この世の存在ではない彼らが教えてくれる、
潜在意識・本能・血液型・運命・死後の世界の秘密。
読み終われば「生まれてきてよかった」と実感できる
幸せへの道しるべ。”

この本の著者の松原 照子さんは、確か東日本大震災を予言された方でしたっけ。


下の2冊は、一番わかりやすいスピ本として評判の本です。守護霊が登場して、あの世とこの世の関係を分かりやすく説明してくれているそうです。

●あの世に聞いた、この世の仕組み

「ある日突然“声”が聞こえた。フツーのサラリーマンがあの世と交信して
知った自分とは?幸せとは?人生とは―。 」


●もっとあの世に聞いた、この世の仕組み

”「さとり」「カルマ」「輪廻転生」「アセンション」…の仕組みに目からウロコ、
間違いなし!知れば、人生が楽しくなる!「一番わかりやすい」見えない世界の話。”


私は斉藤一人さんの本をよく読みますが、斉藤さんの本もスピ本に似た内容のものがあって、守護霊とかが登場します。そういった存在を無碍に否定するのではなく、「あるかもしれないな」と思って読むとまた世界が広がりますけどね。

私は実際に守護霊さまにお願い事などしちゃってますが・・・^^


書評 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート