あさイチ、「冷え性女子必見!着る毛布が人気」

ここでは、「あさイチ、「冷え性女子必見!着る毛布が人気」」 に関する記事を紹介しています。

あさイチ」(11月12日)で、”冷え性女子必見!寒い朝はもうイヤ!「着る毛布」が人気”という特集がありました。

昨年の冬あたりから、「着る毛布」というものが人気だそうです。

東日本大震災の2011年頃からの節電志向で売れ出し、昨年にヒット商品となったようです。今では、大手スーパーのイオンやホームセンターなど多くの店舗で扱うようになっています。


「着る毛布」といっても、形が何種類かあります。

・割烹着のように前から羽織るタイプ
・普通に背中から羽織るタイプ(前にボタンが付いているものも)
・つなぎ服のように着てしまうタイプ(フリース素材)。某アウトドアメーカーが販売したところ、3日で在庫がなくなってしまったほどの人気に。


今年は柄物が人気で、「着る寝袋」というものもあります。

子供サイズもありますが、価格は2,000円前後が多いとか。


節電の効果については、「着る毛布」をそのまま着て寝てしまい、朝は暖房器具を使わない若い夫婦の場合、昨年の1月~4月までの電気代の節約額が27,000円あまりになり、標準の2人世帯のおよそ半分になりました。

真冬はキツイかもしれませんが、予想以上に温かく、寒さが厳しくなければ朝でも暖房なしで平気なのかも。


着用上の注意点としては、

・引火に注意 ---- ストーブや料理の時に袖など火がつきやすい
・静電気がおきやすい ---- 帯電防止のスプレーなど使うとよい
・インナーに一工夫 ---- 長時間着ていると、暑くなって汗をかく場合もあります。特に子供の場合に注意。インナーには、レーヨンや綿など汗を吸う素材のものがおすすめです。


この「着る毛布」は、災害時にも役立ちそうなので、防災グッズの一つとして備えておくといいかもしれません。


住まい・暮らし | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート