ジェネリック家電、人気のメーカーは「アイリスオーヤマ」「山善」

ここでは、「ジェネリック家電、人気のメーカーは「アイリスオーヤマ」「山善」」 に関する記事を紹介しています。

ジェネリック家電が人気だそうで、TBS「はなまるマーケット」(11月13日)で特集していました。

「ジェネリック」とは、”ブランドにとらわれない”とか、”一般的な”とかの意味らしいが、ジェネリック家電の場合は、大手家電メーカーの製品に比べ機能を絞った安い家電製品のことを指しているらしいです。

ジェネリック家電のメーカーは今では沢山あるでしょうが、「はなまる」では、人気のメーカーとして『アイリスオーヤマ』と『山善』を取り上げていました。

家電量販店でも取り扱っていて、取材した「ヨドバシカメラ」では、ジェネリックという名称での表記はありませんが、”シンプルな機能の家電”という扱いで販売しているようです。


以下、「はなまる」おすすめのジェネリック家電・ベスト5を紹介します。


・1位:「ロボット掃除機」
ロボット掃除機といえば『ルンバ』が有名ですが、価格は約7万円と結構高いです。
一方、『CCP(シーシーピー)』というメーカーのものは、何と9,800円でした。

サイズが一回り小さい感じで、一番の違いは自動充電機能がないことでした。ルンバは
電池が切れそうになると自分で充電器に戻りますが、『シーシーピー』のロボット
掃除機は、止まってしまいますので、手作業で充電する必要があります。


・2位:「大型テレビ(47インチ)」
東芝の47インチ大型テレビは、約21万円ですが、『Hisense(ハイセンス)』という
メーカーのものは、89,800円。大きな違いは入力端子が一つ少なく(何らかの
拡張機能がない)、機能を絞っていることだそうです。

基本機能があって、大画面でテレビが見られればOKという人には、おすすめです。


・3位:「ホームベーカリー」
タイガー製は29,800円。大手メーカーは大体3万円前後です。ですが、
『シーシーピー』のホームベーカリーは、7,890円。両者の違いは、ほぼイースト菌の
自動投入機能があるかないか。CCPの方は、使う人が時間調整してイースト菌を
投入する必要があります。

初めてホームベーカリーを使う人は、この安さなら、まずはジェネリック家電で試す
のもアリでしょう。


・4位:「オイルヒーター」
大手有名メーカー製は、4万円前後だそうですが(最近はデロンギにも割安価格の
モデルもありますが)、『山善』のオイルヒーターは9,980円。タイマーが
ないそうです。電気コードと一体になったタイマーも市販されていますから、それを
使えば問題なさそうですけどね。


・5位:「電気ケトル」
有名メーカー製は5千円前後ですが、『ドリテック』のものは、1,580円。
沸騰に少し時間がかかるそうです。時間を気にしない人は、問題ないですね。



番外として、話題の「ノンフライヤー」も紹介しました。

フィリップスの「ノンフライヤー」は、3万円弱くらいのようですが、番組で紹介した『タイムアンドスペース』のエアフライヤー「コロボ」は、17,800円です。

ノンフライヤーはエアフライヤーとも言われるようですね。


↑これが「コロボ」。
レビューを見ると、意外に高評価です!



この「コロボ」は、いかにも安そうな、何だか頼りない外見ですが、実は欧米でヒットした製品だそうで、実力は凄いらしいです。

もしかしたら、フィリップスのものより使えるかも!?



新商品・新しいトレンド | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート