日本最大規模のスロットカーサーキットが群馬県沼田市にオープン!

ここでは、「日本最大規模のスロットカーサーキットが群馬県沼田市にオープン!」 に関する記事を紹介しています。

スロットカーという、電気仕掛けのミニカーを専用のサーキット場で走らせ、スピードを競うホビーがある。

サーキットのレーンには電気が通る溝が付いていて、サーキットの外からコントローラでミニカー(といっても全長15センチくらいはある)の速度を調節しながらレースを展開するもの。

私が子供の頃(40年くらい前か)、ちょっと高級な遊びとして流行っていた記憶がある。デパートの屋上などのゲームセンターの目玉的な存在で、大きな楕円形のサーキットがあったものだ。


そのスロットカー場で、日本でも最大クラスの施設が、今月26日、我が群馬県の沼田市にオープンすることになった。

そういう施設は、普通はオモチャメーカーや販売店が経営するものだが、このスロットカー場は何と個人の愛好家が開くもの。
それが珍しいのか、読売新聞の1月14日の群馬版にそのニュース記事が載っていた。

会社員の荒木敏明さん(52歳)という方が運営する。


そのスロットカーのサーキットは、1周43メートル、約10メートルの直線や急カーブ、坂道もあり、全6コースという本格的なサーキット。

富士スピードウェイをイメージして造ったという。

12日には早くもプレオープンし、ファンが楽しんだらしい。


この規模のサーキット場は、業者ではなかなか造れず、まさに趣味が昂じた愛好家だからこそ実現したものではなかろうか。

スロットカーを持っていなくとも、レンタル(無料!)で貸し出してくれ、利用料金も10分200円(大人)と高くはない。

オープンしてテレビの取材でもあれば、沼田市の新たな有名スポットになるかもしれない。


アクセスは、関越自動車道の沼田ICを沼田市役所方面へ降り、市役所方面へ少し行って、沼田高校の前だということです。


興味のある人は、沼田市の観光がてら立ち寄ってみてはどうだろうか?


旅・タウン情報 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート