男子フィギュアスケート、羽生選手の金メダル見たい!

ここでは、「男子フィギュアスケート、羽生選手の金メダル見たい!」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
男子フィギュアスケートのフリースケーティング競技が、まもなく日本時間の15日午前0時から行われる。

ショートプログラムで、注目の羽生結弦選手が、国際大会では世界歴代最高の101.45点をたたき出して世界中を驚かせた。

あの流れでいけば、羽生選手の(たぶん日本選手初めての)金メダルの可能性が高い。


ショートプログラムでは、100点満点以上の得点なんて、審査の基準上ありうるのかと不思議に思ったが、回転が見事に決まると”出来映え点”というものが加算されるということで、今回の羽生結弦選手の場合、それが大きかっために満点超えになったようだ。


競技冒頭部分の「4回転トゥループ」は、決まりすぎるくらいビシっと決まっていて、簡単な技に見えたほどだった。

後半部分だったか、3回転ジャンプが続く「トリプルルッツ+トリプルトゥループのコンビネーションジャンプ」も、切れが良かった。

そういう演技が、”出来映え点”となったのだろう。


今回のオリンピックは、ロシアのエフゲニー・プルシェンコ選手が腰痛で棄権し、事実上、金メダル争いは羽生と2位のカナダのチャンに絞られている。

チャンもショートプログラムで4回転と3回転を連続で決めていて、なかなか手ごわい。

しかし、フリー演技の予定では、羽生選手はチャン選手よりも回転を多く入れていて、高得点に結びつく後半部分では、3回転ジャンプを3つも入れている。
チャン選手よりも多い。

演技全体の構成点ではチャン選手に分があるが、流れは羽生選手にある。



今回のソチ五輪、最初は日本のメダルは期待薄かと思ったが、男子スケボの10代の選手の活躍に引っ張られて、いい調子になってきた。


明日は、羽生選手の金メダルで日本上空の「爆弾低気圧」を吹き飛ばして欲しいものだ。



芸能・スポーツ | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。