ビットコイン運営会社「マウントゴックス」破綻の謎

ここでは、「ビットコイン運営会社「マウントゴックス」破綻の謎」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
インターネット上の仮想通貨「ビットコイン」の取引所運営会社『マウントゴックス』が経営破綻し、民事再生手続を申請した事件。

結局は、ビットコインの運営システムに不正侵入され、370億円相当ものビットコインが引き出されたことが破綻の直接の理由らしい。


何だか雲をつかむような要領を得ない話だが、運営会社のカルプレスCEOが説明する「「システムに弱いところがあり、ビットコインがなくなった」というのもお粗末だ。

テレビのニュース映像で見た『マウントゴックス』のオフィスも、無機質な机と椅子の殺風景なオフィスに、数人の男女(外国人と日本人)がノートパソコンに向きあっているだけの、数百億円のお金を動かしているとは思えない様子だった。

あれでは、扱う金額に相応しいセキュリティ対策をとっているとは到底思えず、杜撰な管理体制といわれても仕方ないのではないだろうか?


しかし、ビットコインとは、つまるところ”データ”に過ぎないというのだから、盗まれたといっても、果たしてどういう状況なのかが良く分からない。

単純にデータを復元すればいいような気もするし(ビットコインはそれを担保する現物がないから、割りと容易に対処できそうだが)。


また、同社に預けていたお金も無くなったというが、それは預金先の銀行口座が不正に操作されたということだろうか?
でもそれなら、銀行のセキュリティの問題になるハズだし。


どうも、この問題はイマイチ全体がはっきりしない。



一度、池上彰さんにやさしく解説してもらう必要がありそうです。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。