今年の花粉症対策は、「塗るだけ」が人気!

ここでは、「今年の花粉症対策は、「塗るだけ」が人気!」 に関する記事を紹介しています。

3月に入り、すでに関東地方でも花粉が飛び始め、花粉症シーズンが本格化してきたようです。

今日の新聞折込チラシも、近くのドラッグストアのものは、花粉症予防&対策グッズが一番目立つスペースにデカデカと掲載されていました。

それら花粉症対策用品を見ると、ここ1,2年で商品の傾向が変わってきているのがわかります。

数年前までは、甜茶とかハーブ関係の自然食品的なもので体に優しいものが幅を利かせていましたが、最近は”体内に入れずにブロックする”的な商品が人気らしいです。


特徴は、”塗るだけ”で花粉症予防効果を発揮するということです。

その塗るだけの予防グッズをチラシで見ると、だいたい3種類のタイプに分かれる感じでした。


1、花粉を顔表面で固めてしまうタイプ

たとえば、「ナチュラ」というメーカーの『ポレノン』(小型版は『ハナスイ』)。
これは、日本人の医学博士が開発したもので、ペクチンという果物や野菜に多く含まれる食品成分がアレルゲンやウイルスを効果的に吸着することに着目した製品です。さらに、魚などに含まれる核酸DNAを加えることで、ペクチンで吸着したアレルゲンなどを大きく固めて除去してしまう作用を発揮するものです。

食品成分で花粉をブロックするという全く新しい切り口の製品で、今年あたり話題になっているらしいです。もちろん、医薬品ではなく食品に近いので、安心です。

楽天市場などでみると、評価はまあまあよいようです。


2、イオンのパワーでブロックする

たとえば、フマキラーの『アレルシャット』という製品です。イオンというのは静電気のような感じで、プラスとマイナスの極性で花粉をブロックまたは吸着させる原理です。

これは”塗るだけ”というより、顔全体にスプレーし、陽イオンポリマー(プラスイオン)の静電界で顔全体をコートします。それにより、空中を舞う微粒子を反発したり吸着したりすることで、花粉、ウイルスやPM2.5まで鼻や口から体内へ侵入するのを防ぎます。

プラス電気を帯びたウィルスや微粒子は反発し、マイナスのものは吸着して体内への侵入を防ぐわけです。

医薬品ではなく、化粧水感覚で使えるので、安心感があります。

楽天の購入者の評価では、花粉症に効果があったと高いようです。在北京の人にも(PM2、5)対策のためか、人気らしいです。


3、鼻の穴にクリームを塗り花粉をブロック

たとえば、フマキラーの『花粉鼻でブロック』などです。

1の「ポレノン」に近い作用ですが、鼻の穴に直接、高純度に精製した鼻腔専用クリームを塗って使います。

花粉症の症状を抑制する原理は下記のようです。

・花粉の破裂を防止
花粉をクリームが覆うことで鼻に存在する水分から遮断し、破裂したり分解したりすることを防止します。これで、花粉が破裂したり分解したりすることで体内へ吸収されやすくなるのを防ぎます。

・被膜効果による体内へのアレルゲン吸収の防止
鼻の内壁に膜を作ることで、アレルゲンが体内へ吸収されるのを防ぎます。

要するに、鼻の入口に塗布することで、鼻の奥の粘膜へ到達するアレルゲンの量を減少させるということですね。

これも花粉症に効果があったと、評価が高い製品です。


これら3種類の”塗るだけ”の花粉症対策グッズは、ほぼ1,000円~2,000円なので、好みに合わせて使ってみてはいかがですか?


健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート