小保方さん記者会見、「STAP細胞は存在する」

ここでは、「小保方さん記者会見、「STAP細胞は存在する」」 に関する記事を紹介しています。

STAP細胞の偽造疑惑について、今日、小保方さんの記者会見があった。

私も一部をテレビ中継で見たが、今年の初め頃にSTAP細胞発見の記者会見を開いた時の、研究者としての明るい将来を予感させる躍動感のある表情とは一変し、会見場に現れた時は、報道陣の数に呆気に取られ放心したような異様な顔つきだった。

それでも、口から出る言葉は、精神的に不安定だったという報道に反し、かなりシッカリしていた。


STAP細胞の存在や偽造に関する核心部分は、明確で説得力ある説明は聞かれなかったが、「STAP細胞は200回以上作製している」、「理研内の別の研究者で、できた人がいる」など研究に自信を示す部分もあった。

また、STAP細胞をつくるには、コツが要り、料理のレシピのように小保方さん独自の工夫のようなものがあるのだと説明していた。


今日の記者会見を受けて、理化学研究所も改めて検証作業をしていくらしいが、科学論文の正当性の問題はともかく、重要なのはSTAP細胞が実在するかどうか、それを第三者で再現できた人がいるか、ということだろう。


論文の体裁の不備や、一部画像データに不適切な部分があっても、小保方さんの言うことが真実で、彼女がコツを伝授すれば他の研究者が本当にSTAP細胞を作り出せるのなら、依然、この研究はノーベル賞にも値する凄いものだと思う。

あとは、論文を書き直せばいいのだから。

人類にとっては、論文が大事なのではなく、STAP細胞が秘める医学的可能性の方が大事だから。



理化学研究所は、小保方さんと雇用契約を更新したというから、彼女の研究の核心部分は重要視しているのだろう。


今後は疑惑解明と共に、STAP細胞の研究を継続して、是非とも役立つ技術にまで完成させて欲しいと思う。



社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート