3Dプリンターで拳銃製作した男、銃刀法違反で逮捕

ここでは、「3Dプリンターで拳銃製作した男、銃刀法違反で逮捕」 に関する記事を紹介しています。

3Dプリンターで作った樹脂製の拳銃を所持していた私立大学職員の男が逮捕され、波紋が広がっている。

3Dプリンタが手頃な価格になって市販され始めた当初から、「拳銃」も作れてしまうので、犯罪に使用される危険性が懸念されていたが、早くもそれが現実となった。


日本の銃刀法では、銃を使わなくとも、許可なく製造・所持するだけで犯罪となるので、今後「3Dプリンター」を購入して、いろいろ製作しようと考えている人は注意しておいた方がいい。

特に注意すべきは、「銃刀法」で製造や所持が規制される『銃』とは、確か拳銃のような形のものに限らないという点。

およそ、弾丸が発射でき、殺傷能力のあるものなら、単なる筒状のものでも『銃』となるハズ。握り手や引き金がなく、外見上、銃に見えなくとも銃刀法上は『銃』と認定されると思う。

今回逮捕された男の動画でも、(テレビニュースで見た限りでは)銃は筒状の物体にゴムで繋がった引き金のようなものが合体した構造で、パチンコのようにゴムを引いて離すとその反力で引き金が戻り、火薬が爆発して弾丸が飛び出すような仕組みだったようだ。

要するに、殺傷能力のある「飛び道具」を作ると、銃刀法に触れる可能性があるということ。


ところで今回の事件を契機に、「3Dプリンター」への規制の課題が浮上してきている。

暴力団が自ら製造する可能性は高いし、一般人でも今回の事件をマネして造ろうとする輩も出てくるだろうから。

3Dプリンターは便利な機械だが、危険物としての側面もあるという認識が必要かもしれない。
銃に限らず、手榴弾だって造れてしまうだろうし。

しかし、「3Dプリンター」自体を規制・禁止するのは現実的でないので、現在は銃の設計図をネットからダウンロードするのを禁じようという案があるらしい。

これも合法・不法の境界が難しいし、取締り方法など難点も多い。


でも、3Dプリンター側を工夫することで、一定の歯止めを掛けることはできるかもしれない。

銃や危険な形状のものの設計図は読み込めないようにストッパー機能を義務づけるとか。


3Dプリンターが普及すれば、今後は、”犯罪目的の使用”が課題になることは間違いない。


社会・経済 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート