ためしてガッテン、カリフラワーは生が美味い!

ここでは、「ためしてガッテン、カリフラワーは生が美味い!」 に関する記事を紹介しています。

11月5日のNHK「ためしてガッテン」は、”カリフラワー特集”なるものをやっていました。

同番組で時々やる食材の研究ですが、今日はカリフラワーを取り上げていました。


スーパーマーケットなどでは最近、カリフラワーはあまり見かけることがなくなり、代わりに似た感じの野菜としてブロッコリーが主に扱われているようです。

これは1980年代以降の緑黄色野菜ブームの影響だということでした。


我が家も、私が子供の頃(70年代あたり)は、ブロッコリーをわりと食べた記憶がありますが、確かにやがて食卓に上ることは少なくなりました。

私の記憶では、結構美味しかったのですがね。


ところで、今日の「ためしてガッテン」では、ダラダラとあれこれの薀蓄を並べた挙句、”カリフラワーは生で食べるのが美味しい”という単純な結論を披露していました。

前半三分の二は要らなかった感じです。


しかし、カリフラワーを生で食べるという発想は普通持たないので、料理に興味のある人にはとても良い情報だったと思います。

普通茹でて食べると思いますが、そうすると味は曖昧で、栄養素もブロッコリーに遥かに劣ってしまいますが、生同士だとそれが逆転し、ビタミンCなどはブロッコリーに勝るそうです。

しかも、カリフラワーは、通常食する頭の部分だけでなく、茎も葉も食べられ、美味しいということでした。

適当に切って手に持って、親指で頭の部分をはじくと、簡単に茎から分離できます。


番組で紹介した調理例は、

・頭の部分を細かくして、溶かしたチョコに混ぜると、ナッツチョコのようになる。

・スライスしてラーメンに乗せると、シナチクのようで美味。

・チラシ寿司にスライスして乗せると、レンコンのようで美味。

・ベーコンと一緒にサッと炒めると美味しい。

・オリーブオイルと絡め、塩をふるだけで美味しい。

・葉の部分は細かく刻み、天ぷらのかき揚げなどにすると美味しい。

・味付けした炊き込みご飯(炊き上がった状態)に、細かく刻んで混ぜ、数分蒸すと美味しいカリフラワーご飯になる。

など、簡単に試せそうなものが多かったです。


コンビニで売っているサラダにカリフラワーを加え、オリーブオイルを振ると、美味しくなるのではと思います。


もしスーパーなどで見かけたら、是非買ってみましょう。


食・料理 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート