着物(古着)の買取価格が高いお店とは

ここでは、「着物(古着)の買取価格が高いお店とは」 に関する記事を紹介しています。

最近、「リユース」という言葉をよく聞き、目にするようになりました。

それはリサイクルの一種で、「使わなくなった物は安易に捨てたりしないで、使ってくれる人がいたらその人に再利用してもらいましょう」というような意味の言葉です。

古本買取の『ブックオフ』などのリサイクル店やヤフーオークションなどが、この言葉を使って自社の利用をアピールしていますね。


その動きは、リサイクル業界に広く浸透しつつあり、古着を扱うリサイクル店も急速に増えてきています。私の家の近くでも、ここ1年ほどで何店舗も古着買取(安売り)の店が新規にオープンしています。

程度の良い古着も多くて、重宝する人も多いでしょう。


しかし、買取価格はというと、当然ながらシビアな価格になります。

実は、我が家には昔景気の良かった頃に母が買った着物が何枚かあり、ヤフオクで売ったりしていたのですが、ヤフオクでの着物販売は難しく時間もかかっていました。

そこで、思い切って着物買取専門のリサイクル店で処分しようと、地元にある店舗に持っていきました。そこは東京に本社がある全国チェーン店で、店もキレイで安心感があって印象が良かったのですが、肝心の買取価格は超シビアでした。

購入時何十万円もした高級品を中心に9点を査定してもらったのですが、買取価格はたったの8千円でした^^;

これならヤフオクでも簡単に落札されてしまう金額です。


そこで、知人から聞いた話を思い出し、着物の古着の売買と古着で人形や小物雑貨などを作って販売もしている民芸品販売店に持ち込んでみました。

そこは、群馬県の榛東(しんとう)村というところにある『地球屋』というお店です。

着物の買取は、社長さん自ら査定する方針のお店です。


そこに電話して持っていくと、査定金額は何と、

2万3千円!、でした^^


前出の着物リサイクルチェーン店の3倍の買取価格なので、ビックリしました。


そこの店員さんが「いい着物ばかりですね」と言っていたので、どんな着物でも高く買い取りしてくれるわけではないかもしれませんが、それでもかなり良心的な買取店なのは間違いないでしょう。


今回の経験から、古い、もう着ない着物を売りたい場合は、新聞の折込などに入ってくる、”着物、高価買取り”などの古着リサイクル業者だけでなく、着物リサイクルを自分のところでも行って店舗で製品の販売もしているようなところで買い取ってもらう方法も検討した方がよいでしょう。


ちなみに、男性用の着物の場合、今は高身長(170センチ以上)サイズのものが高く買い取ってもらえるそうです。


以上、ご参考まで。


ビジネス・副収入 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート