コンドロイチンを飲んで膝痛は治る?

ここでは、「コンドロイチンを飲んで膝痛は治る?」 に関する記事を紹介しています。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Page Top↑
<【トレンド】【中高年の悩み】腰痛・膝痛は飲んで治す!? “飲む関節痛薬”が人気の理由>
nikkei TRENDYnet9月19日(金) 23時12分配信 / 経済 - 産業
腰痛・膝痛用の薬といえば、湿布や塗り薬というイメージがある。ところが、最近は錠剤など、
飲む関節痛薬”の売り上げが伸びているというのだ。飲み薬が関節痛にどう効くのか、そしてな
ぜ売り上げが伸びているのか。
[体調を整える薬が伸びている]
 OTC医薬品(市販用医薬品)の市場調査を行っているインテージによれば、最近、OTC医薬品の売
れ筋が変わっているらしい。以前は主役だったドリンク剤や胃腸薬に代わり、漢方薬、整腸薬、滋養
強壮剤の売り上げが大きく伸びているというのだ。2003年度と2007年度の売り上げを比較すると、
漢方薬66.8%、整腸薬34.1%、滋養強壮剤16.5%の伸びというから、確かにめざましい伸び方だ。
漢方薬の伸びを支えているのは、“脂肪を落とす”と話題になった「防風通聖散(ボウフウツウ
ショウサン)」や婦人科系の薬。整腸薬は、腹の調子を整える薬で、いずれも身体の調子を整える
薬が売れているようだ。これまでのような、飲み過ぎたら胃薬、風邪を引いたら風邪薬といった直
接的な利用よりも、普段から何となく調子が悪いのを薬でなんとかしようという傾向に変わってき
ているらしい。それだけ健康に関心が高い人が増えているということだろう。
 また、高齢人口の増加やストレスの多い現代社会で、医者に行くほどではないが体調がすぐれな
い「未病」の人が増えているということもある。総務省統計局の発表によれば、65歳以上の推計人
口は2819万人で、総人口の22.1%(2008年9月15日現在)。高齢者の割合が増えているのだから、
何となく体調が悪い人が増えても不思議はない。運動不足で体重増加気味の生活も、影響がありそ
うだ。
さて、インテージによると、伸びが著しいOTC医薬品の中で滋養強壮剤が売り上げを伸ばした原因
は、コンドロイチンを含む関節痛薬の伸びによるという。高齢人口の増加で膝痛や腰痛で悩む人が
増えていると考えてもおかしくない。しかし、なぜ内服薬が伸びたのだろう。
[飲む関節痛薬の定番成分「コンドロイチン」って、どう効くの?]
 関節痛に効くというOTC医薬品の大半は、コンドロイチンを有効成分として含んでいる。コンドロ
イチンは、関節痛にどう効くのだろう。
私たちが身体を曲げ伸ばしできるのは、骨と骨の継ぎ目の関節が動くから。しかし、硬い骨同士が
こすれあったのでは、スムーズに関節は動かない。そこで、クッションの役目をする軟骨という組織
が間に入り、なめらかに動くようになっている。
コンドロイチンは、この軟骨の成分の一つだ。ところが、年齢が上がるに従って体内でコンドロイチ
ンを生産できる量が減り、減少していく。その結果、軟骨が不足すると関節がスムーズに動かずに、
痛むようになる。そこで不足気味のコンドロイチンを飲んで補えば、軟骨の衰えを防げるというわ
けだ。
ただ、いったんすり減った軟骨は、コンドロイチンの量を増やしても簡単には元に戻らない。また、
もともとコンドロイチンが不足しているわけではなく、別の原因で膝痛が起こっている可能性もある
。また、どんな関節痛にもコンドロイチンが効くわけではない。こうした点は、理解しておく必要
がありそうだ。
コンドロイチンは、かなり古くから関節痛薬として使われてきた。今になって伸びてきた原因には、
もちろん、ここ数年の各メーカーの広告キャンペーンの影響があるはずだ。さらに、サプリメント
・ブームに見られるように「不足しがちなものを飲んで補う」「飲んで身体の調子を整える」とい
った感覚が、最近の時流に乗っていることも確か。調子が悪いところを飲んで治したいという潜在
需要を、広告がうまく引き出したのだろう。
(ヤフーニュース/雑誌より引用)


膝の痛みを治す薬のテレビCMなどはよく目にするが、やはり売れているんですね。


人口の高齢化に伴って、これらの症状を訴える人はこれからも増えるでしょうから、ますます需要
の期待できる市場です。


しかし、上の記事にもあるように、膝の軟骨などは一旦磨り減ってしまうと元には戻らないので、
その場合は効果が出にくいことになる。さらに骨の軟骨は一定のストレス(体重の負荷)をかけ
ないと軟骨成分の代謝がうまく行かないようになっています。


だから、いくら薬で軟骨成分が悪くならないように事前に補おうとしても、うまく行きません。
つまり、適度な運動は膝の健康を守るうえで不可欠なわけです。

たった一つの膝の痛みを治す薬でうまくいくのは難しい・・・。


薬(サプリ)+運動が健康な関節維持に必要なのです。飲み薬で楽して関節痛を治すのは、なかなか難しいということです。


◆ 関連情報:膝の痛みは腰から治す


PS. 下記記事の後半に書かれている「スローステップ運動」が究極の膝の痛み改善運動かも?↓
NHK「ためしてガッテン」、ダイエットの悩みに答えちゃいますSP特集

健康 | Page Top↑


↑FC2のランキングに参加中!記事が面白かったとお感じでしたら、応援の”クリック!”をお願いいたしますm(_ _)m


* 当ブログ以外の提携ブログ記事も含みます
● 「ためしてガッテン」、足がつる”こむら返り”に隠れた危険な病気

● アルツハイマー型認知症の改善が期待できる食材、発見される!

● ヒルナンデス、「話題業務用スーパー / プロマート」特集

● 噂の!東京マガジン、ドライカレー(トマト風味)のレシピ

● 「ためしてガッテン」、きのこパワー13倍アップ激うま健康技

● 「王様のブランチ」道の駅、関越方面ドライブデート

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。